« WindowsXPの起動が極端に遅い場合には | トップページ | がんばれ、謝 依旻。 »

2012年1月19日 (木)

削除したファイルを復元する方法。

 Windowsでは削除したファイルはいったんごみ箱に保存される。
従って後で必要になったとき元へ戻せる機会がある。
USBメモリーでは同じことができない。
USBメモリーではファイルを削除するとごみ箱には移動せずそのまま消えてしまう。
後で復元したくなっても何もできない。
しかし、USBメモリーでもファイルを復元する方法はある。
Windowsではファイルを削除してもファイルの先頭にマークをつけるだけで、実体は残っている。
そこでこういうときにファイルを復元できるソフトを紹介しよう。
Recuva - Portableというソフトである。
http://www.piriform.com/recuva/buildsからダウンロードできる。
パソコンにインストールせず、USBメモリー上から実行できる。
ハードディスク内のファイルも復元可能である。
他にパソコンに直接インストールして使うものある。
ポータブル版は英語になっているが特に使い方は難しくない。
使い方は消してしまったファイルの種類とドライブを指定して、「Scan」ボタンをクリックする。

Recuva02

復元できそうなファイルが一覧表示されるので、選択して「Recover」ボタンを押せばよい。

Recuva


ただし、他のファイルによって上書きされてしまうと復元はできなくなる。
他のファイルを書き込む前に復元を実行しよう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

|

« WindowsXPの起動が極端に遅い場合には | トップページ | がんばれ、謝 依旻。 »

フリーソフト関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 削除したファイルを復元する方法。:

« WindowsXPの起動が極端に遅い場合には | トップページ | がんばれ、謝 依旻。 »