« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月29日 (日)

マイナンバーカードへの健康保険証(被保険者証)機能の取込をさせてはいけない!

7月の後半になって、9月のマイナンバー違憲訴訟の裁判で陳述する予定の意見陳述に使う資料の読み込みを始めた。
その結果、マイナンバーカードに、健康保険証の組み込みをしてはいけないという意見を陳述したいと思い、原稿を書いてみた。

その一部を公開します。

ーここからー

政府は、国民の健康情報をマイナンバーカードを利用して集積することを考えているようです。

内閣府ホームページ  >  内閣府の政策  >  マイナンバー(社会保障・税番号制度)  >  よくある質問(FAQ)  >  (7)今後のスケジュール等に以下のように書かれています。

Q7-6  診療情報も将来はマイナンバーで管理するのですか。他の税・社会保障関係の情報と結びつける必要があるのですか。
A7-6  医療情報には、病歴や服薬の履歴など他人には知られたくない情報もありますが、地域での医療・介護連携や新薬の研究開発など、情報を有効に活用することが、個人にとっても、社会にとっても有益な場合もあります。 例えば、レセプトの全国的なデータベースの情報などは研究開発に有効に役立てれば、持続可能な社会保障制度の構築にも役立ちます。
  このため、マイナンバーカードなど、マイナンバー制度のインフラを最大限活用して、情報連携を進めることとしており、医療等分野に特化したIDを導入する方向で検討を進めています。(2016年2月回答)

これを読むと政府が、健康情報をマイナンバーカードを利用して集約することにやる気満々なことが分かります。
しかし、マイナンバーカードを利用しての健康情報のデータベース化には、問題があります。

2014年12月5日に、医師会、歯科医師会、薬剤師会が「医療等IDに係る法制度整備等に関する三師会声明」を発表しています。

項目は、

(1)マイナンバーとは異なる医療等IDの必要性
(2)医療情報そのものを保護対象とした法整備が必要
(3)医療情報の二次利用・突合は厳しく制限するべきである
(4)個人番号を医療の現場で利用するべきではない
(5)個人番号カードへの健康保険証(被保険者証)機能の取込には反対
(6)死者や遺族の尊厳について
(7)遺伝子情報の集積・利用について
(8)救命活動等について
(9)医療分野には「個人情報を守る立場」の監視機関が必要
(10)医療従事者や保険医療機関等のプライバシーについて

以下に一部を詳しく紹介します。

(1)マイナンバーとは異なる医療等IDの必要性
 医療情報は公益上の理由から集積し活用される必要もあり、その際に個人を識 別する番号は必要となる。また、複数の施設、多職種の人員が関わる地域医療・ 介護連携などでも共通の患者番号があればより効率的になることは間違いない。
こうしたことから、機微性の高い医療情報を扱う番号には、他の分野とリンク しない医療等分野専用の番号(医療等 ID)が必要と考える。
機微な医療情報を管理する番号がマイナンバー制度の個人番号のように悉皆性を持ち唯一無二であると、過去から現在治療中の病気、死後にいたるまで紐 付けできるということになる。場合によっては、一貫した記録として取り出せ ることになり、デジタルデータとして漏洩してしまった場合取り返しのつかな いことになることが容易に予測できる。

一生涯の病歴の中には、"誰かが"見ることのできる可能性がわずかでもある限 り、記録に残したくないものもある。これまでは医療機関の内部や、異動先の 保険者に、病歴が分散して一定期間保持されるだけであった。悉皆性、唯一無 二性の番号により、特に信頼する医師以外には教えたくない自身の全病歴が、 もれなく名寄せされてしまう可能性について、拒否の意を示す世論が今後沸き 起こることは想像に難くない。

そのため医療等 ID には、悉皆性、唯一無二性を原則とせず、国民が必要とし た場合に、「忘れられる権利」、「病歴の消去」、「管理番号の変更」、「複数管理番 号の使い分け」等が担保されるよう議論が必要である。

平成 26 年 6 月の「パーソナルデータの利活用に関する制度改正大綱」では、 機微情報について“社会的差別の原因となるおそれがある人種、信条、社会的 身分及び前科・前歴等に関する情報”と定めており、「医療」はこの中に入って いない。さらに、医療等分野では「差別」のみが問題ではなく、単に誰にも知 られたくない、思い出したくない情報があることを勘案し、その定義を拡げる べきである。

(4)個人番号を医療の現場で利用するべきではない
 現状、マイナンバー制度における個人番号カードの券面には、「個人番号」を 記載するとされている。 法で「個人番号」の安易な利用は禁止されているが、そこに目に見える番号が ある限り、内部管理等での利用を確実に阻止することは難しいと考える。現状 においても、健康保険証や自動車免許証の番号等が、携帯電話販売店やレンタ ルビデオ店で記録されている(実際に自動車免許証等のコピーを取って保存す ることも珍しいことではない)。さらに、個人番号を社員の人事管理に利用した い等の要望も散見される等、個人番号を民間活用しようと法改正を望む向きも ある。民間活用が可能となれば、マイナンバー制度のシステム外の各所で、名 寄せを行いやすいデータベースが構築されることが考えられる。

このような状況の中、医療の現場で個人番号カードを利用する環境を安易に構 築することは、医療等の情報と個人番号が結びつく危険性が高くなると言わざ るをえない。個人の医療情報は、多くの企業にとってマーケティング価値の高 い情報である。単に受診した診療科が明らかになるだけでも、十分に価値があ る情報である。またなにより、社会的地位を脅かしかねない情報でもある。

このため医療等の分野では、医療等の情報と個人番号が結びつく危険性をできるだけ小さくするため、前述の医療等 ID を用意する必要がある。

(5)個人番号カードへの健康保険証(被保険者証)機能の取込には反対
 三師会は、個人番号カードを被保険者証として利用する案を容認できない。特 に個人番号カードの券面に被保険者証の記号・番号等を何らかの形であっても 記載することは容認出来ない。

なぜなら、(4)でも述べたとおり、券面に個別番号が記載されているカードを 医療の現場で使うことは、患者の病歴という極めてプライバシー性の高い情報 が個人番号と紐付く危険性が高くなるためである。他人には知られたくない病 歴や、差別されかねない病歴が、個人番号と紐付けられる可能性が高くなり、 極めて危険である。

また、個人番号カードの券面に被保険者証の記号・番号等が記載された場合、 医療機関等での窓口確認の際に、個人番号が医療関係者以外の第三者により窃 視される可能性を否定出来ない。

以上から、個人番号カードに被保険者証機能を付加することは、患者のプライ バシー保護や安心の観点、また、カードの保全などの観点から反対である。

まだ、長いのですが、声明の全文は、http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20141119_21.pdfからダウンロードして読むことができます。

この声明文を発表した三師会は、医療の裏も表も知り尽くした医師の団体です。
私はこの声明文に指摘された認識や懸念が正鵠を射たものだと思っています。

ーここまでー

この三師会の声明が厚生労働省の判断に大きな影響を与えたのは間違いないでしょう。

参考ページ:医療等IDとは?なぜ、マイナンバーとは異なる医療等分野専用の番号が必要か

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

7月25日、Windows 10:Version1803の累積的な更新KB4340917が公開されました

2018-07 x64ベースシステム用Windows 10 Version1803の累積的な更新プログラムKB4340917が公開されました

KB4340917での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)

このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

・プロビジョニングパッケージアップデート(PPKG)をインストールした後、Active DirectoryまたはハイブリッドAADJ ++ドメイン内のデバイスがMicrosoft IntuneまたはサードパーティのMDMサービスから予期せずに登録を解除する問題を解決しました。 この問題は、AADトークングループポリシーを使用して自動MDM登録の対象となるデバイスで発生します。 この問題の回避策としてDisable-AutoEnrollMDMCSE.PS1スクリプトを実行した場合は、この更新プログラムのインストール後にAdministratorモードでPowerShellウィンドウからEnable-AutoEnrollMDMCSE.PS1を実行してください。

・更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。 有効な入力としてEOFを処理する機能のユニバーサルCRT Ctypeファミリの能力を向上させます。

・「プッシュインストール」サービスの登録に関する問題に対処します。

・ユーザーログオンとログオフ時にAppData \ LocalとAppData \ Locallowフォルダが正しく同期されていないローミングユーザープロファイルの問題を解決しました。 詳細については、KB4340390を参照してください。

・Bluetooth接続にQoS(Quality of Service)パラメータを使用する周辺機器に関連する問題を解決します。

・証明書を持つ対称キーを使用してデータを暗号化するときに、SQL Serverのメモリ使用量が時間の経過とともに増大する問題を解決します。 次に、再帰的なループで対称鍵を開いたり閉じたりするクエリを実行します。

・SSOが有効になっているワイヤレスPEAP環境で無効なパスワードを使用すると、無効なパスワードで2つの認証要求が送信される問題を解決しました。 過剰な認証要求は、アカウントロックアウトのしきい値が低い環境で早期のアカウントロックアウトを引き起こす可能性があります。 変更を有効にするには、regeditを使用してHKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥RasMan¥PPP¥EAP¥26に新しいレジストリキーDisableAuthRetry(Dword)を追加し、1に設定します。

・OpenTypeフォントがWin32アプリケーションで印刷されないようにする問題を解決しました。

・LogOnlyモードで有効になっているとメモリリークを引き起こすDNS応答率制限の問題を解決します。

・RemoteAppセッションの問題を解決し、セカンダリモニタでアプリケーションウィンドウを最大化するときに黒い画面が表示される可能性があります。

・Microsoft Outlookなどのアプリケーションで日本語入力中に文字列が予期せず確定されるというIMEの問題を解決しました。

以前のアップデートをインストールしている場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

7月17日、Windows 10:Version1803の累積的な更新KB4345421が公開されました

Windows 10:Version1803の累積的な更新KB4345421が公開されました

KB4345421での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)

このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

・ネットワークモニタリングワークロードを実行している一部のデバイスが、7月のアップデートをインストールした後の競合状態のために、0xD1停止エラーを受信する可能性のある問題に対処します。

・新しいIPアドレスを要求するときにエンタープライズクライアントが無効な構成を受信する可能性のあるDHCPフェールオーバーサーバーの問題を解決します。 その結果、接続が失われます。

・「Tcpポートは既に使用されています」というエラーでSQL Serverサービスの再起動が失敗することがある問題を解決します。

・管理者がWorld Wide Web発行サービス(W3SVC)を停止しようとするときに発生する問題を解決します。 W3SVCは「停止中」の状態のままですが、完全に停止できないか、再起動できません。

以前のアップデートをインストールしている場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

Wi-Fiの電波が飛んでない?

インターネットにつながらなくなったので、診に来てほしいといわれました。
なんでも最近、光回線の契約を光ライトから、通常の制限なしの契約に変更したそうです。
その時にNTTから、パソコンの設定などはいじる必要はないと言われたのに、気がついたらインターネットにつながらなくなっていたそうです。

パソコンは、ヒューレットパッカード(HP)のノートパソコンで、無線LANを使っています。
OSは、Windows10で、タスクバー右の通知領域にあるWi-Fiのアイコンがインターネットに接続できてないことを示していました。

無線LANルータはパソコンのすぐそばにありましたので、そこにつながっているLANケーブルを外してパソコンに直結しました。
するとインターネットに接続できました。
NTTは嘘を言ったわけではないようです。

無線LANルータは、ルータ機能をオフにして、アクセスポイントとして使っています。
LANケーブルの先にある筈のルータは、見えなかったのですが正常に動作しているようです。

次に、LANケーブルを無線LANルータにつなぎなおして、パソコンのWi-Fi設定をやり直してみることにしたのですが、目の前にある無線LANルータのSSIDが表示されません。
無線LANルータのインジケータのランプは正常のように見えます。

「ネットワークとインターネットの設定」から「アダプターのオプションを変更する」設定を使って、無線LANのアダプターを一旦無効にして、再度有効にしても状況に変化はありません。

ここまで試して、問題は無線LANルータのほうにあるのだろうと考えました。

そこで、無線LANルータの電源をオフにしてしばらく放置した後、電源をオンにしました。
こうしてから、Windows10のWi-Fi設定を開くとSSIDが表示されていたので、パスフレーズを設定した結果、無線でインターネットに接続できるようになりました。

ノートパソコンは机の上に置いてありました。
「いつもここで使っているのか、別の場所に持っていったりはしないのか」と聞いてみたところ、「持ち運びはしない」という返答だったので、有線で使うように勧めてみました。

普通、パソコンは無線より有線のほうがレスポンスがいい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

7月11日、Windows 10:Version1803の累積的な更新KB4338819が公開されました

Windows 10:Version1803の累積的な更新KB4338819が公開されました

KB4338819での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)

このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

・有効な入力としてEOFを正しく処理するためにユニバーサルCRT Ctypeファミリの機能を向上させました。

・Microsoft Storeで入手可能なMicrosoft Edge DevToolsプレビューアプリケーションを使用して、UWPアプリケーションでWebViewコンテンツのデバッグを有効にします。

・緩和オプショングループポリシーのクライアント側拡張がGPO処理中に失敗する可能性がある問題に対処します。 エラーメッセージは、 "WindowsはMitigationOptions設定を適用できませんでした。 この問題は、Windows DefenderセキュリティセンターまたはPowerShell Set-ProcessMitigationコマンドレットを使用しているコンピュータで、手動またはグループポリシーによって軽減オプションが定義されている場合に発生します。

・Windowsエコシステムを評価し、Windowsへのすべてのアップデートのアプリケーションとデバイスの互換性を保証します。

・Internet Explorer、Windowsアプリケーション、Windowsグラフィックス、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsワイヤレスネットワーク、Windows仮想化、Windowsカーネル、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム。

以前のアップデートをインストールしている場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

スマホから、聞き慣れない警戒音が出た。

昨日から激しい雨が降り続き、夜もよく眠れなかった。
今朝は、少し早く起きて、スマホに何か情報がないかと思って画面を見ている。

7:23に役場から、小・中学校・幼稚園を臨時休校にするといいう放送が流れた。

7:31に、スマホから、聞き慣れない警戒音が出たので驚いて画面を見ると、私の住んでいる地区(福岡市近郊の町)に避難勧告が出ている。
避難場所の案内が出ているのだが、いずれも我が家の近所である。
我が家は、幸いなことに土砂災害の影響はなさそうなので、避難は辞退したい。

8:23には、スマホに隣町の役場が出した避難勧告が流れてきた。

8:35、しばらく雨は小降りになっていたが、また激しく降り始めた。
雨雲の動きは、気象庁のサイト、高解像度ナウキャストでよくわかる。
また、危険度分布というページに土砂災害警戒判定メッシュ情報というのがあるが、これを見ると、私が住んでいる場所は、「極めて危険」ということになっている。

9:00に隣町に、全町、避難勧告が出た。

9:09に、またスマホが警戒音を出した。
福岡空港に隣接する町の一部に避難勧告が出たらしい。

状況が変化したら続きを書きたい。

7月7日、8:10に昨日福岡県に出た大雨特別警報は、解除された。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

貸本屋は誘惑する!

小学生のころ住んでいた家の2軒隣りには貸本屋があった。
少年向けの月刊誌の発売日には、家に帰り着くと、すぐにのぞきに行ったものだ。

普通の家を改造した貸本屋さんの道路に面した引き戸を開けると土間に置かれたテーブルに、真新しい漫画が平積みされていた。
といっても、小さな貸本屋なので、新刊の漫画はせいぜい2冊ぐらいだ(笑)
他に平積みされているのは私の興味をひかない大人向けの雑誌類だ。
壁一面には、貸本屋専用に描かれた劇画の単行本(当時はそんなものがあったのだ)が並んでいたが小学生時代には関心がなかった。

何冊も借りられるほどお小遣いはもらっていないので、取りあえず漫画を一冊だけ借りていた。

当時、私のハートをわしづかみにしていたのは、『少年』という名の月刊誌だった。
出版社というものに、当時は関心がなかったので、出版社がどこか知らなかったが、いま改めて調べると「光文社」が発行していたらしい。

掲載されていたのは、手塚治虫の「鉄腕アトム」、横山光輝の「鉄人28号」、関谷ひさしの「ストップ!にいちゃん」などである。
実に面白く、わくわくした。

他に毎月読んでいたのは、「少年画報」や、「冒険王」などである。

こうして、漫画を借りて帰っても、すぐには読むことができなかった。
我が家には、兄弟という名前で一般に知られている身分制度があり、10歳年上の兄と、5歳年上の姉に漫画を取り上げられ、その後でなければ読むことができなかった。
ちなみに私は、兄弟げんかというものをしたことがない。
兄と姉は激しくやり合っていたが、私は数のうちに入ったことがなかった。

世の中には理不尽で、自力では解決しがたいことがあるということを小学生時代に知った(笑)

実のところ、漫画が読めないからといって、読む本に苦労したことはない。
我が家にはもともと本はたくさんあったし、私は小学生時代から、学校の図書館で本を借りていたからだ。

さて、夢中になって読んでいた『少年』は私が中学に入ったころに「休刊」(廃刊を休刊と呼びならわす制度は当時すでにあった)になった。
台頭してきた週刊漫画に負けたらしい。

毎週、毎週、漫画が出ると忙しくて読むひまがないなどと思ったのだが、実際にはそんなことはなかった。

その後、中学に入ってからは忙しくなって、いつの間にか漫画を借りに行かなくなってしまった。
気がついたら、貸本屋は閉店してしまった。

閉店を知って一番に思ったのは、店にたくさん並んでいた劇画の単行本のゆくえであった。
何冊かは立ち読みしたので内容を知っているのだが、ハードボイルドなお兄さんが超能力者で、警察の追跡からテレポートを使って逃げる場面があり、すごくかっこいいと思ったことを記憶している。

半世紀前の貸本屋は子どもの想像力をふくらませてくれる一種の超現実的な時空だった。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »