« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

ピッ・ピッ・ピッという連続音がしてパソコンが起動しない。

昨晩、パソコンが起動しなくなった件について友人から、電話でアドバイスを求められた。
パソコンは、ギガバイトのマザーボードを使ってくみあげられた年季の入った物である。

事の始まりは、光学ドライブがCDは読めるのに、DVDは読めないことだった。
この光学ドライブは、IDE接続だったので、別の光学ドライブ(SATA接続)と交換してみた。
すると、パソコンの電源投入時に、ピッ・ピッ・ピッという連続音がして起動しない。
直ちに光学ドライを取り外したが、バイオスセットアップも開けないというので、CMOSクリアを試すように指示しました。
しかし、状況に変わりはないということだったので、寿命だろう、買い替えを考えてみてはどうかといって電話を終えた。

その後、バイオスの申し立て、つまり、ピッ・ピッ・ピッという連続音の意味について調べてみた。
どうやら、電源不良、メモリ故障、その他が原因かもしれないと分かった。

今日の10時前、また電話がかかってきた。
今日は仕事を休むつもりらしい。
昨夜調べたことを教えようと思ったが本人もメーカーのホームページで調べたらしく、バイオスの音は電源不良が原因だといった。
各デバイスに十分な量の電力が配分されていないことが起動できなくなった原因だという結論に達したらしい。

ちょうど予備の電源があるので、交換してみると友人は言う。
専業農家のはずなのに、パソコンの交換部品が一通りあるのは、只者ではない(笑)

電源交換後、ピッ・ピッ・ピッという連続音は出なくなったが、画面に意味不明の英文字が出ているという電話がしばらくしてからかかってきた。
英語が得意でない友人とその解釈について電話でやり取りするのはなかなか大変だ。

POST Error Occurredと書かれた後の英文は、何らかの選択肢らしい。
で、片っ端から試してみたらどうかという適当な私の意見に対して友人は、一番上に、デフォルトとあるといった。

私は、経験上、デフォルトなどというのは、大体うまくいかないものだが一応試してみてはどうかとアドバイスした。

しばらくして、パソコンは起動して、Windows10が使えるようになったという連絡があった。

私は、あまり真面目にサポートしたような気がしないが、さすが、30年以上前に私をパソコンマニアにした友人は大したものだ(笑)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

「Office Home & business 2016」をインストールしたら、英語版だった。

新しいパソコンを買ったのでセットアップしてほしいと依頼された。
数日前に書いた記事の続きである。

セットアップには大した手間はかからないつもりで、気楽に作業をしていたら、「Office Home & business 2016」の設定で躓いた。

広告

スタートボタンをクリックして表示された画面の真ん中ほどにある「ワード」のアイコンをクリックした。
何も起きない。
次に「エクセル」のアイコンをクリックした。
やはり何も起きない。

前回の記事で、パソコンの操作には、「忍耐」が必要だと書いたのだが、私自身にも言えることだった。

次にやったのは、「word.exe」をコマンドプロンプトから直接起動することだった。
しかし、あたりまえだと思うが「あなたにはこのソフトを起動する資格がありません」という冷たいメッセージが表示されただけだった。

そうこうしているうちに、ワードが起動し、プロダクトキーの入力欄が開いたので、25桁の文字列を入力した。

無事に入力を終えて、やれやれと思いつつ、「ワードの画面」を見たら英語表示だった。
エクセルを起動して見るとそこでもプロダクトキーの入力を求められた。
おかしい。
確か、ワードでもエクセルでもどれか一つで、プロダクトキーの入力をすませばいいはずなのにと思いつつ入力を終えたら、「エクセル」も英語版だった。

何か、私がいらないことをしたためだろうか。
すぐ隣に依頼人がいる。
何食わぬ顔で、原因究明を始めたが、うまくいかない。
ネットで、「オプションを開いて言語の選択」なんて、解決方法も見つけたが、私が「ワード」のオプションで見たのは「日本語版はインストールされていません」という英語の文字列だった。

時間はどんどん過ぎていく。

依頼人からの提案でマイクロソフトのサポートに連絡を取ることになった。
3回、担当者が切り替わるまで、45分経過した。
そしてようやく窮状を訴えることができるようになったころ、突然、パソコンの画面に「更新が完了しました」という表示が出て、「ワード」は、日本語に切り替わった。

それでも電話を切らずにマイクロソフトのサポートと話をした。
サポート氏から、『「Office Home & business 2016」のプレインストール版をインストールしたら、英語版だった。』という相談は何人かの方からいただいていますと聞いて、私が原因ではないと確認して電話を切った。

このトラブルは、「世の中は不思議なことだらけ」というブログの記事に詳しく書かれていた。
私も、お気に入りに登録して愛読しているのだが、記憶から消えていた。

参考記事:Office 2016で一部の製品だけ日本語にならない

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

パソコンが遅くて使い物にならないが何とかならないだろうか

待つことが苦手な依頼人から相談を受けました。
パソコンでは、Windows10 64bit版が動いています。
CPUはPentium、メモリは4GB。確かに高性能とはいえません。

広告

快適に動くとはいえないパソコンですが、起動すると画面にインターネットエクスプローラーが表示されています。
マウスでクリックしても応答しません。

しばらく見ているとソフトがいくつも起動しているようです。
依頼人に話を聞くと、インターネットエクスプローラーが開かないので、何度もアイコンをクリックしたといいます。
私がかぞえたところでは、全部で13本のインターネットエクスプローラーが起動しようと頑張っていました。

私が依頼人に示そうとした解決法は、忍耐です。

パソコンを起動してデスクトップが開いたら、すぐに、インターネットエクスプローラーを開こうとせずに、一旦その場を離れお茶でも入れて、心を落ち着けてからパソコンの前に戻ってくるのがいいのではないでしょうかと申し上げました。

Windows10を起動して、デスクトップが表示された後、すぐにタスクマネージャを開いて動いているプロセスを観察すると、CPUやディスクの負荷が100%の状態がしばらく続いていることが分かります。

この状態はしばらく待てば落ち着きます。
するとパソコンは素直に反応するようになります。

しかし、依頼人は私の論理的な(笑)説得にもかかわらず、性能のいいパソコンに買い替えると決意してしまったようです。

誠に残念ですが、次のパソコンはハードディスクの代わりにSSDを搭載されたパソコンをお勧めします。

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

2月13日、Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4487044が公開されました

2019-02 x64ベースシステム用Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4487044が公開されました
更新終了後、OS Buildは 17763.316 になります。
更新前のOS Buildは 17763.253でした。

広告

KB4487044での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)
このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

・Windows 2019 Serverドメインコントローラ(DC)が認証に使用されている場合に、Windows Hello for Businessハイブリッドキー信頼の展開サインインが失敗する問題を解決しました。

・ユーザーが一部のワークフローでロック画面のサインイン処理を回避できるというMicrosoft HoloLensの問題を解決しました。

・LmCompatibilityLevel値を正しく設定できない問題を解決しました。 LmCompatibilityLevelは、認証モードとセッションセキュリティを指定します。

・Microsoft Access 97ファイル形式のMicrosoft Jetデータベースを使用するアプリケーションが開かないという問題を解決しました。
データベースに32文字を超える列名がある場合、この問題が発生します。 データベースが「認識できないデータベース形式」というエラーで開かれません。

・Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Windows Server、Microsoft JETデータベースエンジン、Internet Explorer、Windowsワイヤレスネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windows入力と構成、Windowsグラフィック、およびWindows App PlatformとFrameworksに対するセキュリティアップデートを行いました。

※マイクロソフトセキュリティチームのブログです。
2019 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例)で今月公開したセキュリティ更新プログラムについて解説しています。

リンク

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2019/02/13/201902-security-updates/?ocid=AID740624_TWITTER_oo_spl100000455848870
 

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

SDカードが読めない

週に2回ほど、私を痛い目にあわせる碁敵から、夜、電話がかかってきた。
ノートパソコンにSDカードを挿してみたが何も反応しない。

広告

何か対処方法はあるだろうかという質問である。
碁敵は、私のパソコンの先生でもあり普通のトラブルなら相談はしてこないと思ったので、張り切ってトラブルシューティングを開始したが、実機がないのでできることはそれほど見当らない。

取りあえずデバイスドライバの更新を勧めてみたが変化はない。
自力でやってみるということで電話は切れた。

翌日、ノートパソコンを抱えて、碁を打ちに来たので、一通りひどい目にあった後にノートパソコンに触れてみた。

碁敵は、SDカードを新旧織り交ぜて持ってきていたがやはり何の反応もない。
Windowsのトラブルシューティング機能を試してみたが解決できない。
次にノートパソコンのメーカーが準備している機能も使ってみたが、SDカードを使えない理由はわからない。

その後、二人で、善後策を話し合い、また、インターネットで見つけた意見も参考にして、カードリーダの故障という結論を出した。

カードリーダは安く購入できるというう話をすると、碁敵は、「いや、デスクトップで、読めるから買わなくても大丈夫」といった。

なんだ、その落ちは。
昨晩はSDカードが読めなくて困っているといわなかったか?

その後、碁を打ちコテンパンにされた。
結局、昨日は一度も勝てないままであった。

まぁ、立派な大根をおいていったから許そう。
負け惜しみ(笑)

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

インターネットにつながらなくなった。

昨日まではインターネットが使えていたのに今日は、画面に優先Wifiがないとかいう表示が出ているがどうしたらいいだろうかという電話がかかってきました。

広告

インターネットにつながらなくなったのは、Windows10が動いているノートパソコンです。
そこで、WifiルータにつながっているLANケーブルを外して、ノートパソコンに直接つなぐように指示を出しました。
相談者は、「Wifiルータ」という言葉が頭に入らなかったようなので、パソコンのそばにある黒い弁当箱みたいなやつというと理解できたようです。
しかし、LANケーブルがどれかよくわからない。
「Wifiルータ」に刺さっているのは、電源ケーブルとLANケーブルだけのはずなので、OAタップにつながっていない方ということで理解してもらいました。
難しい。

次はLANケーブルをノートパソコンのどこにつなぐかですが、これが電話では難しい。
必ずつながるから頑張れと言ってみました。

ここで一旦電話を切りました。

少しして電話がかかってきて、インターネットは使えるようになったが、Wifiが使えないのは困るといわれました。
もちろんそうでしょう。

私が出した指示はインターネットにつながらない理由を調べるためのものです。

次に出した指示は、「Wifiルータ」の電源を落としてしばらく放置した後に、LANケーブルをつないで、電源を再投入せよというものでした。

この指示で問題は解決したようです。
ルータという機械は時々、暴走して仕事をしなくなることがあります。
そういう時は、電源を落として、しばらく待った後で電源を再投入すると何事もなかったように正常に動くことがあります。

これで問題が解決しない時は出張サポートということになります。

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »