« 3月13日、Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4489899が公開されました | トップページ | 3月からデンチャなる新種の乗り物が我が家の近所を走っている。 »

2019年3月18日 (月)

自分のメルアドとパスワードの漏えい問題を調べてみた。

メールアドレスは公開しているので、各所で知られているのは当然だが、パスワードは公開しているわけではない。
だから普通に考えたら、メルアドとパスワードがセットになって漏えいするはずがないと思っていた。

広告

その昔、ホームページや、ブログを始めたときに読者数を増やしたいと思い、グーグルでの検索表示の順位を上げるべく、あちこちのサイトにメルアドとパスワードを登録した。
今なら絶対に利用しないと思うようなセキュリティ対策がいい加減なサイトにもたくさん登録してしまった。

その報いとして、毎日たくさんの迷惑メールがやってくる。
最近は、私のメルアドとパスワードを表示して、「お前のパソコンを監視している」と脅迫するといったメールも届いている。

過日、日経XTECHの「自分のパスワードは漏れてないか?一発で分かるサービスの正体」という記事を読んで、「Have I Been Pwned」というWebサービス(英語のサイト)があるということを知った。

このWebサービスに登録されている、過去に漏えいしたメールアドレスとパスワードの組み合わせの中に、私のメールアドレスとパスワードが含まれているか教えてくれる。
もちろん、ここに登録されているのはすべての漏えいしたデータではない。

以下のサイトに私のメールアドレスを入力して、「pwned?」を押してみたところ、残念なことに、2ヶ所のサイトから漏えいしていることが分かった。

https://haveibeenpwned.com/

Pwned001_2


もし、登録されているデータの中に、私のメールアドレスとパスワードの組み合わせがなければ、「Good news ― no pwnage found!」と表示される。
しかし、「Oh no ― pwned!」が表示された。

このWebサービスでは、どのサイトから漏えいしたのかは教えてくれない。
しかし、データの中に利用しているパスワードが含まれているかどうかは、上記のサイトの「Passwords」タブでわかるので、その場合は、パスワードを利用しているサイトで変更すればよい。

私は、考えられる限りの対策をした。
もし、自分もこのWebサービスを利用してみたいという場合には自己責任でお願いしたい。
私は、このWebサービスを信用して利用したが、他の人に何か問題が起きても責任は取れない。

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

|

« 3月13日、Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4489899が公開されました | トップページ | 3月からデンチャなる新種の乗り物が我が家の近所を走っている。 »

セキュリティ関連」カテゴリの記事

Webサービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分のメルアドとパスワードの漏えい問題を調べてみた。:

« 3月13日、Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4489899が公開されました | トップページ | 3月からデンチャなる新種の乗り物が我が家の近所を走っている。 »