« 財布が空っぽ? | トップページ | エアドロップ痴漢というのが新聞記事に載っていたらしい。 »

2019年8月14日 (水)

8月14日、Windows 10:Version1903の累積的な更新プログラムKB4512508が公開されました

2019-08 x64ベースシステム用Windows 10:Version1903の累積的な更新プログラムKB4512508が公開されました
更新終了後、OS Buildは 18362.295 になります。
更新前のOS Buildは 18362.267でした。

 

KB4512508での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)
このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

 

・Internet Explorer、Microsoft Edge、Bluetooth、ネットワークテクノロジー、およびマウス、キーボード、スタイラスなどの入力デバイスを使用する場合のセキュリティを改善するための更新。

 

・デバイスがMIT Kerberosレルムを使用するように設定されたドメインに接続されている場合、デバイスの起動を妨げたり、デバイスの再起動を続行したりする可能性がある問題に対処します。 ドメインコントローラーとドメインメンバーの両方が影響を受けます。

 

・Windowsアプリプラットフォームとフレームワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Microsoftスクリプトエンジン、Windows入力と構成、Windowsワイヤレスネットワーク、Windows暗号化、Windowsデータセンターネットワーキング、Windows仮想化、Windowsストレージとファイルシステム、Microsoft JETデータベースエンジン、Windows Linuxのセキュリティ更新プログラム、Windows Kernel、Windows Server、Windows MSXML、Internet Explorer、およびMicrosoft Edge。

 

 

このアップデートの既知の問題

 

1、Windows 10バージョン1903のインストール時の更新プロセス中にオペレーティングシステムの言語が変更されたデバイスでは、Windows Sandboxが「ERROR_FILE_NOT_FOUND(0x80070002)」で起動に失敗する場合があります。

 

マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

2、Windows展開サービス(WDS)またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)のPreboot Execution Environment(PXE)イメージを使用して起動するデバイスは、「ステータス:0xc0000001、情報:必要なデバイスが接続されていないか、この更新プログラムをWDSサーバーにインストールした後、「アクセスできません」。

 

軽減の手順については、 KB4512816を参照してください。

 

解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

参考記事
Microsoft Security Response Center
2019 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

 

 

Iine1

ポチッとよろしく!

 

|

« 財布が空っぽ? | トップページ | エアドロップ痴漢というのが新聞記事に載っていたらしい。 »

Windows10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財布が空っぽ? | トップページ | エアドロップ痴漢というのが新聞記事に載っていたらしい。 »