セキュリティ関連

2019年7月18日 (木)

裁判所はメールを送ってこない。

長い間、訴訟の原告をやっている(通算で10年以上かな)が、裁判所からのメールを受け取ったことは一度もない。
裁判所を騙るメールも来ない。

 

裁判所を名乗るメールを受信したら、それは怪しいメールだ。
裁判所のWebサイトを見ると判る。

 

そこには次のように書かれている。

 

”裁判所から電子メールで,電話による連絡や電子メールへの返信を求めたり,裁判が起こされたことをお知らせすることはありません。また,電子メールで金銭の振り込みを求めることもありません。このような電子メールを受信しても,メール本文中のURLをクリックしたり,記載された連絡先に連絡したり,金銭を振り込んだりすることのないよう,気を付けてください。”

 

もし、私宛にメールが届いた場合には以下のような反応を示すだろう。

 

私は、平和な生活を送る普通の人間だが、訴訟に関しては若干の耐性があるので、「訴訟を起こす」といわれても「ああそうですか」というのが最初の反応だ。

 

次にブログのネタにしようと考える(笑)

 

裁判所に問合せをしたくなった場合には、メールに書かれたURLや電話番号は利用しない。
裁判所の管轄地域と電話番号は裁判所のサイトでわかるのでそれを利用したい。
これは大事だ。

 

もし、裁判所から届いたのが郵便物の場合には、本当の連絡の可能性もあるので注意が必要である

 

法務省では、「本当の裁判所からの支払督促、少額訴訟の呼出状等であるにもかかわらずこれを放置し、何も対応をしなかった場合には、不利益を受けるおそれがあります」と警告している。

 

この様な場合でも連絡を取る場合には、郵便物に書かれた連絡先は使わずに裁判所のサイトなどで調べた連絡先を利用しよう。

 

Iine1

ポチッとよろしく!

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

自分のメルアドとパスワードの漏えい問題を調べてみた。

メールアドレスは公開しているので、各所で知られているのは当然だが、パスワードは公開しているわけではない。
だから普通に考えたら、メルアドとパスワードがセットになって漏えいするはずがないと思っていた。

広告

その昔、ホームページや、ブログを始めたときに読者数を増やしたいと思い、グーグルでの検索表示の順位を上げるべく、あちこちのサイトにメルアドとパスワードを登録した。
今なら絶対に利用しないと思うようなセキュリティ対策がいい加減なサイトにもたくさん登録してしまった。

その報いとして、毎日たくさんの迷惑メールがやってくる。
最近は、私のメルアドとパスワードを表示して、「お前のパソコンを監視している」と脅迫するといったメールも届いている。

過日、日経XTECHの「自分のパスワードは漏れてないか?一発で分かるサービスの正体」という記事を読んで、「Have I Been Pwned」というWebサービス(英語のサイト)があるということを知った。

このWebサービスに登録されている、過去に漏えいしたメールアドレスとパスワードの組み合わせの中に、私のメールアドレスとパスワードが含まれているか教えてくれる。
もちろん、ここに登録されているのはすべての漏えいしたデータではない。

以下のサイトに私のメールアドレスを入力して、「pwned?」を押してみたところ、残念なことに、2ヶ所のサイトから漏えいしていることが分かった。

https://haveibeenpwned.com/

Pwned001_2


もし、登録されているデータの中に、私のメールアドレスとパスワードの組み合わせがなければ、「Good news ― no pwnage found!」と表示される。
しかし、「Oh no ― pwned!」が表示された。

このWebサービスでは、どのサイトから漏えいしたのかは教えてくれない。
しかし、データの中に利用しているパスワードが含まれているかどうかは、上記のサイトの「Passwords」タブでわかるので、その場合は、パスワードを利用しているサイトで変更すればよい。

私は、考えられる限りの対策をした。
もし、自分もこのWebサービスを利用してみたいという場合には自己責任でお願いしたい。
私は、このWebサービスを信用して利用したが、他の人に何か問題が起きても責任は取れない。

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

2月13日、Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4487044が公開されました

2019-02 x64ベースシステム用Windows 10:Version1809の累積的な更新プログラムKB4487044が公開されました
更新終了後、OS Buildは 17763.316 になります。
更新前のOS Buildは 17763.253でした。

広告

KB4487044での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)
このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

・Windows 2019 Serverドメインコントローラ(DC)が認証に使用されている場合に、Windows Hello for Businessハイブリッドキー信頼の展開サインインが失敗する問題を解決しました。

・ユーザーが一部のワークフローでロック画面のサインイン処理を回避できるというMicrosoft HoloLensの問題を解決しました。

・LmCompatibilityLevel値を正しく設定できない問題を解決しました。 LmCompatibilityLevelは、認証モードとセッションセキュリティを指定します。

・Microsoft Access 97ファイル形式のMicrosoft Jetデータベースを使用するアプリケーションが開かないという問題を解決しました。
データベースに32文字を超える列名がある場合、この問題が発生します。 データベースが「認識できないデータベース形式」というエラーで開かれません。

・Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Windows Server、Microsoft JETデータベースエンジン、Internet Explorer、Windowsワイヤレスネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windows入力と構成、Windowsグラフィック、およびWindows App PlatformとFrameworksに対するセキュリティアップデートを行いました。

※マイクロソフトセキュリティチームのブログです。
2019 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例)で今月公開したセキュリティ更新プログラムについて解説しています。

リンク

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2019/02/13/201902-security-updates/?ocid=AID740624_TWITTER_oo_spl100000455848870
 

広告

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

広告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

脅迫メールがやってきた。その2

我が家に、怪しいメールが届いている話は、先週書いた。「脅迫メールがやってきた。
その後、誰か、私と同じような目に遭っている人がいないか気にしていたのだが、いた!

私が愛読している地方紙の西日本新聞、9月27日付、「九州経済」欄に掲載されているコラムの「気流」に書かれていた。

「緊急対応!」というメールが届いたらしい。
我が家のメールボックスに今現在保存されているメールと同じタイトルである。

内容は、「アカウントをハッキングした、ビデオ鑑賞履歴などを公にされたくなかったら、2日以内に650$をbitコインで払うよう求めている」とある。

我が家に届いたメールもそうであるが、日本語がとても下手で、海外から送信されているのだろうと想像がつく。

コラム氏は、無視することにしたようだが、当面正しい考え方だと思う。

我が家に届いたメールには、メールアドレスとパスワードをセットにして「どうだ恐いだろう」とあるが、おかげで、どういういきさつで、私の情報が漏れたか判断できるようになった。

メールアドレスとパスワードの組み合わせは今現在利用していないもので、かなり前にホームページの検索順位を上げるために利用したものである。

この組み合わせでのハッキングは無理だが、同じパスワードの使い回しがまずいことはよくわかる。
いい教材だ(笑)

そういえば、bitコインの使い方は自分で調べろとあるらしい。
知らないよ、そんなもん

参考記事:仮想通貨を要求する不審な脅迫メールについて(JPCERT/CC記事)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
フリーソフトを利用する際にチェックしておきたいこと。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

突然、ウイルスの感染を警告するページが表示された。

あるブログを読んでいたら、「システムは3つのウイルスに感染しています。」と書かれたページがいきなり表示された。

ページの真ん中にポップアップで「サイトからのメッセージ」なるものが表示されている。
「すぐに行動してください。お使いのPCでトロイの木馬ウイルス(*****_****_****)が検出されました。『OK』を押して修復処置を開始してください。」とある。

Viruskansen001
画像をクリックすると拡大画像がポップアップされます。


またこけおどしだ。
マイクロソフトのホームページを想起させるページだが、画面の一番上に表示されている「URL」が怪しすぎる。

というわけでもちろん「OK」は押さない。
代わりに、左上の「←」を押して元のページを表示した。

たぶん、このページに表示されている広告にページを遷移(リダイレクト)させるスクリプトが仕掛けられていたのだろう。
最近、このようなこけおどしをよく見かける。
慌てた閲覧者が「OK」ボタンを押すことを期待しているのだろう。

罠に引っかからないように気をつけたいものだ。
ちなみに、ウイルスチェックをしてみたが、私のパソコンには「トロイの木馬ウイルス」はいないようだ。

追記:表示されたサイトの「URL」にある「Cloudfront.net」というのは、ブラウザハイジャッカーに関係のあるサイトだそうだ。

ブラウザの設定が勝手に変更されていないか調べてみたほうがよさそうだ。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
フリーソフトを利用する際にチェックしておきたいこと。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

マイクロソフトのマルウエアスキャンエンジンに脆弱性が見つかった

マイクロソフトのマルウエアスキャンエンジンに脆弱性が見つかったらしい。修正ソフトが公開されている。適用するとエンジンのバージョンは1.1.14700.5になる。

Windows10の場合は、「設定」→「更新とセキュリティ」とたどり、左側の項目から「Windows Defender」を開く。

Defender001_2


右側のペインにあるエンジンのバージョンが「1.1.14700.5」でない場合は、Windows Updateを手動で実行して、修正ソフトを適用しておこう。

情報元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000060-impress-sci

Windows Updateは上記の「更新とセキュリティ」の左側の項目から「Windows Update」を開き、「更新プログラムのチェック」をクリックすればよい。
「Windows Update」が長期にわたって行われていない環境でなければ、1分ぐらいでUpdateは終了する。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

「注文書、請書及び請求書のご送付」というタイトルのウイルスが添付されたメールが2通来た。

仕事で使っているホームページに公開しているメールアドレス宛に怪しいメールがやってきました。タイトルは「注文書、請書及び請求書のご送付」となっています。

本文は、以下のように書かれています。

「いつもお世話になっております。

下記、注文請書・請求書をお送り致します。

ご査収の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【指定請求書】

請求書必着日までに原本を郵送にてご返送をお願い致します。」

Meiwaku001私にとっては、どこの誰宛に送付したのかわからない極めて意味不明な文ですが、こんな文でも添付ファイルを開いてみようと思う人もいるのでしょう。
私の場合は、怪しいと思った場合でもすぐには削除せずに放置しています。

しばらくした後で、ウイルス対策ソフトに添付ファイルの正体を調べてもらいます。
今回はウイルスが検出されました。

Meiwaku002

しばらく放置するのは、ウイルス対策ソフトが、添付されているファイルにウイルスが含まれていることを届いてすぐには検知してくれない場合が多いからです。

もし、私をだまして添付ファイルを開かせたいなら、…という手順を使います。
書きません

追記:4月23日頃から、同じタイトルのウイルスが添付されたメールが配られているようです。受け取られた方は速やかに削除されたほうがいいでしょう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

「アマゾンジャパン」を騙るショートメールがやってきた。

昼ごはんの準備をしていたら、スマホに、ショートメールが着信した。

私の電話番号はインターネットに公開しているので、知り合い以外からショートメールが来ることは不思議ではない。
文面は、「有料サイト使用に対して未納料金が発生しています。本日ご連絡なき場合は法的措置に移行します 03-5962-0744 アマゾンジャパン相談係」となっていた。

なるほど、どうやら誰かが私にブログのネタを提供してくれたらしい
早速、食事の準備を中断して、「03-5962-0744」をグーグルで検索してみた。
すると、このショートメールが詐欺メールであることを示す情報がたくさん見つかった。

思うのだが、詐欺だという証拠が検索サイトで簡単に見つかる現状では、同じ文面の使いまわしはいい方法ではないのではないだろうか。

というわけで、このような高飛車なメールを受け取るようなことがあったら、とりあえず、電話番号やURLなどをキーに検索を行ってみるのがいいと思う。

追記:私のところには届いていませんが、「【楽天カード】ご請求予定金額のご案内」という題名の詐欺メールが拡散中のようです。
中に書かれているリンクをクリックされませんように!!

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第38弾です。

●ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法

https://latte.la/column/100215381

 

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

このメールはなりすましメールの可能性があります

毎日たくさんのメールを受け取るがその中には、怪しいメールがいくつも混じっている。
普通、出所が明らかなごみメールは読まずに削除するが、怪しい、出所不明なメールは開いて怪しさを確認している。

今回、見つけたのは、差出人が「LINE Social Plugins」で、題名が、【LINE必ずお�iみください】である。
開いてみると、赤い文字で「このメールはなりすましメールの可能性があります」とあったので、私の好奇心が刺激された。

Narisumasi001
実のところ、なりすましメール自体はどうでもいいのだが、この「このメールはなりすましメールの可能性があります」は、どういう仕組みで表示されたのかに関心を持った。

調べたところでは、送信ドメイン認証に失敗したり、対応していなかったりする場合と、「From」などが偽装されている可能性がある場合に表示されるらしい。

参考記事:なりすまし・偽装メール対策

というわけで、niftyのメールサーバーが、メールヘッダに「このメールはなりすましメールの可能性があります」という文字列を追加しているらしい。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その26
Shift+Caps Lockキー 英文字の大文字・小文字を切り替える。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第37弾です。

●写真・動画・ファイルが簡単に共有できる!
Windows10「OneDrive」の使い方と利用時の注意点
https://latte.la/column/99375627

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

迷惑ソフト「Simple Driver Updater」の削除を依頼された。

最近、パソコンを起動するたびによく知らないソフトが立ち上がって、困っているので起動しないようにしてもらえないかという依頼を受けた。
予備知識なしで引き受けたので、取りあえず、「マイクロソフトセーフティスキャナー」と「adwcleaner」の最新版をUSBメモリーにダウンロードして出かけた。

依頼人宅で、パソコン起動して見たのが、「Simple Driver Updater」というやつだった。
何をやりたいのか最後まできちんと見なかったのでよくはわからないが、デバイスドライバーの更新を勧めるらしい。
依頼は怪しいソフトが起動しないようにすることだったが、有無を言わせず、削除に取り掛かった。

まず、常駐しているであろう「Simple Driver Updater」をタスクバーの右側にある通知領域から停止させた。
次に、デスクトップ上の「Simple Driver Updater」が検査を停止するのを待って表示された画面(英語で表示されている)からオプションを選んで、「パソコン起動時にスタートする」のチェックをはずした。

パソコンを再起動して見たが、残念ながらこれでは解決しなかった。
通知領域には、「Simple Driver Updater」が起動していた。

パソコンをセーフモードで起動することにした。
「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入力し、「システム構成」を起動する。
全般タブから、スタートアップオプションの選択を選び、「システムサービスを読み込む」と「スタートアップの項目を読み込む」にチェックを付ける。
次にタスクマネージャーを開いて、「Simple Driver Updater」に関係のありそうな項目のチェックをはずした。

パソコンを再起動した。
「Simple Driver Updater」は起動していないようだ。
次にコントロールパネルを開いて、関係のありそうなソフトを全て削除した。

この後、依頼人宅にいた1時間ほどの間は、「Simple Driver Updater」は起動しなかった。

依頼人と今回の問題について話をした。
インターネットから便利そうなソフトをダウンロードしてインストールしたといわれた。
その時に、「Simple Driver Updater」もいっしょにインストールされたようだ。
依頼人は、表示された画面で「Yes」か「No」か選択するように出たら、取りあえず「Yes」を選択するようにしていると言った。
迷惑ソフトの制作者がとても喜ぶようなタイプのパソコンユーザーだ。

私としては、仕方がないので、取りあえずどうしていいか判断がつかない場合は、ノーを選ぶように言ってみた。
たぶん歯止めにはならないだろう。

この手の「点検商法ソフト」と呼ばれる迷惑ソフトは、なかなかなくならないだろう。
どういう対策が考えられるのだろうか、悩んでいる。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その15
Shift + Del キー  選択したファイルをゴミ箱に移動せず、完全に削除する 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第36弾です。

●文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7