省電力・節電関連

2011年5月11日 (水)

PCの節電対策

 パソコンも省電力を意識して使う時代である。

マイクロソフトの検証実験では2時間以内に繰り返しパソコンを使うような場合は電源を落とす(シャットダウン)よりもスリープを使う方が消費電力が少ない。
待機電力はシャットダウンとスリープでは0.5W程度しか違わない。「シャットダウン&起動処理時」と「スリープ&スリープ復帰時」の消費電力は3倍程度違う。

WinXPでは1時間45分以内で再度使う場合はスリープの方が節電効果が高く、それよりも時間がたってから使う場合はシャットダウンを使った方がいい。

どのOSを使っている場合でもこの考え方は変わらない。短時間、パソコンから離れるときはスリープを使った方がいいという結論である。

パソコンを使用している間の節電対策はよく知られていることだが、モニターの輝度を落とすこと。

他に使っていないUSB機器があれば外す、音量はミュートにするなどである。

マイクロソフトが特設Webサイト「Windows PC節電策」を開設したので参考にするといいだろう。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

パソコンの省電力

「使っていない電化製品のコンセントは抜いておこう」
というのはパソコンには向いていないかもしれない。
パソコンは起動するときに大電力を使うので、使いたくなった度に電源を入れているとかえって消費電力が増える。その上、一日に何度も電源を入れたり切ったりしていれば確実に寿命が縮む。朝、電源を入れたら夜寝るときまでシャットダウンしない方がいいと思う。もちろんその後に使う予定がないというなら当然シャットダウンするべきだろう。

関連記事 今すぐやっておきたいWindowsパソコン節電テクニック

関連記事 企業のIT節電マニュアル

関連記事 PCの節電対策

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7