パソコントラブル(ハードウェア関連)

2019年2月28日 (木)

ピッ・ピッ・ピッという連続音がしてパソコンが起動しない。

昨晩、パソコンが起動しなくなった件について友人から、電話でアドバイスを求められた。
パソコンは、ギガバイトのマザーボードを使ってくみあげられた年季の入った物である。

事の始まりは、光学ドライブがCDは読めるのに、DVDは読めないことだった。
この光学ドライブは、IDE接続だったので、別の光学ドライブ(SATA接続)と交換してみた。
すると、パソコンの電源投入時に、ピッ・ピッ・ピッという連続音がして起動しない。
直ちに光学ドライを取り外したが、バイオスセットアップも開けないというので、CMOSクリアを試すように指示しました。
しかし、状況に変わりはないということだったので、寿命だろう、買い替えを考えてみてはどうかといって電話を終えた。

その後、バイオスの申し立て、つまり、ピッ・ピッ・ピッという連続音の意味について調べてみた。
どうやら、電源不良、メモリ故障、その他が原因かもしれないと分かった。

今日の10時前、また電話がかかってきた。
今日は仕事を休むつもりらしい。
昨夜調べたことを教えようと思ったが本人もメーカーのホームページで調べたらしく、バイオスの音は電源不良が原因だといった。
各デバイスに十分な量の電力が配分されていないことが起動できなくなった原因だという結論に達したらしい。

ちょうど予備の電源があるので、交換してみると友人は言う。
専業農家のはずなのに、パソコンの交換部品が一通りあるのは、只者ではない(笑)

電源交換後、ピッ・ピッ・ピッという連続音は出なくなったが、画面に意味不明の英文字が出ているという電話がしばらくしてからかかってきた。
英語が得意でない友人とその解釈について電話でやり取りするのはなかなか大変だ。

POST Error Occurredと書かれた後の英文は、何らかの選択肢らしい。
で、片っ端から試してみたらどうかという適当な私の意見に対して友人は、一番上に、デフォルトとあるといった。

私は、経験上、デフォルトなどというのは、大体うまくいかないものだが一応試してみてはどうかとアドバイスした。

しばらくして、パソコンは起動して、Windows10が使えるようになったという連絡があった。

私は、あまり真面目にサポートしたような気がしないが、さすが、30年以上前に私をパソコンマニアにした友人は大したものだ(笑)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

掃除中に、動いているPCの電源コードをコンセントから引き抜いてはいけない。

古い友人から、パソコンが起動しなくなったという電話がかかってきた。
その時、私は別の依頼人宅でパソコンの設定作業中であった。

しばらく前に友人の古いノートパソコンをサポートしたことがあったので、そのパソコンの話だと思って廃棄処分を勧めた。
「捨てろ」とひとこと言っただけで、電話を切ったのである。

次の日、改めて電話がかかってきて、パソコンを持ってくるので診てほしいといわれた。
引き受けたのだが、ディスプレイや、キーボードなども持ってきたほうがいいかと聞かれた。
妙なことを言うやつだなと思ったのだが、そこで初めてトラブルが起きているのはノートパソコンではなく、友人が所有するデスクトップパソコンだということが分かった。

友人宅に往診することにした。
話を聞いてみた。

部屋の掃除をしていて、動いているパソコンの電源コードをコンセントから引き抜いて、つなぎなおすことを数回繰り返したそうである。
とんでもないことをする奴だ。

その後、パソコンの電源ボタンを押しても反応しなくなったという。
なかには大事なデータがたくさん入っているというので、HDDを取り出してバックアップを取るための準備をして出かけた。

パソコンは、DELL製で、Windows7から10にアップグレードされている。
蓋を外して中身が見えるようにしてから電源を入れてみた。
CPUファンは回っているが、ハードディスクは反応していない。
電源ボタンを長押しするとCPUファンは止まる。

友人は、掃除中にパソコンの中はいじっていないといった。
動かないので、メモリをさしなおしてみたとはいった。
私がマザーボードを観察したところでは特におかしなところは見当らない。

そこで、パソコン本体から電源コードを外し、マザーボード上にあるボタン電池を外した。
この電池はバイオスの設定を保持するための電源である。

ボタン電池

Button001

10秒ほど待ってからボタン電池を接続しなおして、電源を入れた。
たぶんバイオスは初期化されただろう。

パソコンは無事に起動した。
友人はたいそう喜んでくれた。
こんな修復法があるとは知らなかったといわれた。

しかし、この程度で修復できたのはラッキーだったと思う。
動いているパソコンの電源コードを引き抜くようなことは絶対にしてはいけない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

マウスが使えない

先日、我が家に遊びに来た友人がパソコンをいじっていて、形状が変化したマウスポインタが元の形に戻らないがどうしたらいいんだといった。
その時に使っていた有線のマウスはホイールがスムーズに回らなくなっていた。

私が使っているときにも、ホイールを回していると押し込んだようになってマウスポインタの形が変わってしまうということが頻繁に起きるようになっていた。
使いにくいのはわかっていたがそのまま使っていた。
参考記事:マウスのホイールが回らない。

次の日、朝から他の買い物ついでに、家電量販店にマウスを探しに行った。
そこで有線のマウスの使いやすそうなやつを見繕っていたのだが、突然、前回ケーブルの短いマウスを買ってしまったことを思い出してしまった。

で、結局、有線のマウスと同じ形状の無線マウスを買ってしまった。
我が家では、無線マウスを使うのは初めてである。
仕事柄、電池が切れて動かなくなったマウスを何度も見てきたので、電池が必要なマウスやキーボードは使わないようにしていたのだ。

持ち帰った無線マウスをパソコンに接続した。
レシーバーユニットなるものをパソコンの後ろにつないでいた有線のマウスを外して、空いたUSBポートにつないだ。

マウス本体に電池を入れて使い始めたのだが、マウスポインタが行方不明になる。
Ctrlキーを押すとマウスの位置がすぐに見つかるような設定をコントロールパネルからしていたので、ポインタがどこにあるのかはすぐにわかるが使い物にならない。

買い替える動機になった有線マウスを使って、メーカーのホームページを見てトラブルシューティングを行った。

一通り、書かれていることを試してみたが事態が改善しない。
マウスの初期不良だと判断した私は、購入した店に交換を頼みに行った。
店は丁寧に対応してくれた。

店に展示されているノートパソコンにマウスをつないでみたが症状が出ない。
この時点で、マウスではなく我が家の環境に問題があるのではないかという虞(おそれ)が私の頭に浮かんだ。
店は新しいマウスに交換してくれた。

持ち帰って使うと正常に動いている。
時々、ポインタが行方不明になるがそれほどでもない。

2日経過した今朝、交換する前のマウスと同じ症状が再現した。

実は、マウスが正常に動いていた間に、インターネットを使ってこの問題の解決方法を見つけていた。

症状が出なかった店のパソコンは、ノートパソコンで、我が家のパソコンは自作のミドルタワーである。
店の場合は、マウスがパソコンのすぐそばにある。
我が家では、レシーバーユニットをミドルタワーの後ろにあるUSBポートに刺している。
ミドルタワーはパソコンデスクの左下方にあり、右利きなので、マウスとレシーバーユニットの間にはパソコンデスクがあって見通しが聞かない。
距離は1メートル強程度である。

レシーバーユニットを外して、パソコンの前面にあるUSBポートにつなぎなおした。
これで、マウスは安定して動くようになった。

マウスから見通しのいい所にあるUSBポートにレシーバーユニットをつなぐというのが今回のトラブルの解決方法である。
USBハブを使う方法もある。

また、経験値が増えた

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

パソコンがスリープモードから目覚めない。

パソコンを使おうとして、マウスをクリックした。
通常ならピンコードを入力する画面が表示されるはずなのだが、変わりにバイオスセットアップの画面が表示された。

マウスをクリックしたときにハードディスクのアクセスランプがつかなかったので、またやったかという思いはあった。
参考記事:ハードディスクを認識していない。

バイオスセットアップの画面にマザーボードの温度が15度、CPUが20度と出ている。
部屋の温度は14度だった。
そのまま見ているとマザーボードの温度が21度、CPUが30度に上昇した。

これが寒さのせいならそろそろ正常に戻ってもいいころだと思い、バイオスセットアップの画面から再起動した。
相変わらずハードディスクのアクセスランプはつかない。
これを2回繰り返した。

この後、パソコン本体の電源ボタンを押した。
するとピッという音の後、ハードディスクのアクセスランプが赤く点灯し、Windows10は正常に起動した。

2度あることは3度あるということで、直ちにハードディスクのバックアップを行うことにした。
幸い、パソコンに入っているのと同じ容量のハードディスクがあるので、クローンをつくることにした。
利用するのは、個人で利用する場合は無料の、「EaseUS Todo Backup Free」である。

2時間弱で、クローンは出来上がった。

20171220_1
我が家のパソコンは私と同じで寒がりのようだから、これからは部屋を暖めてから利用すようにしたい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
コマンドプロンプトのプロパティを開く。
 

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

ハードディスクを認識していない。

最近、我が家のパソコンのトラブルばかり記事にしてる気がする。
一段と冷え込んだ今朝、パソコンの電源を投入するとWindows10が起動せずにバイオス画面(UEFI)が表示された。

何が起きているのか、頭が回らない私はバイオス画面を閉じて再起動した。
しかし、同じバイオスの画面がすぐに表示された。

ようやくトラブルを理解した私は、バイオスの画面をよく観察した。
マザーボードの温度が20度、CPUが20度から上昇している。
この温度ならパソコンが動くのに問題はないはずだと思う。

引き続き、見ていると「ありゃ、ハードディスクがない」。
起動ドライブを認識していない。
困った。
昨日までは普通に動いていたという私の依頼人が良くいうセリフを思い出した。

このトラブルは、すぐには解決できそうにないと思われたので、各方面に連絡を入れた。その後、2時間ほど放置してから、パソコンの電源を入れてみた。

すると今度は青い画面が出たので、起動するのかと眺めていたら、修復画面が表示された。ハードディスクが認識されたらしい。

しかし、正常な状態には戻らない。
ここで、とりあえず、コマンドプロンプトからノートパッドを開いて、修復後に必要になるかもしれない設定ファイルをUSBメモリーにバックアップした。
コマンドプロンプトからノートパッドを開けるなら、ファイルをあきらめなくてもいい。

いくつか修復オプションを試してみたが役に立たなかったので、個人用のファイルを残す設定でWindowsを初期化した。
元々のWindowsは8.1なので、どうなるかと思ってみていたのだが、最新のFall Creators Updateに戻ったので安心した。

さて、私がインストールしたアプリはみな消えている。
そこで、マイクロソフトエッジ開いて、クリスタルディスクインフォをダウンロードし、ハードディスクの状態を確認したが異常は見つからなかった。

参考記事:HDDの異常を警告してくれるソフト

すると問題があるのはマザーボードかもしれない。

次に私が気にしたのは、ブラウザのお気に入りである。
インターネットエクスプローラー11のお気に入りは正常に表示されている。
問題は、マイクロソフトエッジのほうだ。
お気に入りは表示されない。
画面には、インターネットエクスプローラーからインポートするように勧める画面が出ているが、最近メインで使用しているブラウザは、マイクロソフトエッジで古い「お気に入り」をインポートする気にならない。
そこで探してみた。

まず、エクスプローラーの設定を変更して、隠しファイルやフォルダが表示されるようにした。

画像はクリックすると別画面に表示されます。

Hyoujix001

すると、「MicrosoftEdgeBackups」というフォルダに「お気に入り」がバックアップされているのを見つけた。

この後、秀丸をインストールして、今この記事を書いている。

削除されたアプリは数えてみると60本ぐらいあるようだ。
たぶん元には戻らないだろう。
とりあえず、必要なアプリだけをインストールしてみよう。

追記:Windowsが初期化された後、アプリが消し飛んでしまったが、そのせいかマイクロソフトエッジが軽い。
アプリの再インストールをためらってしまう(笑)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
Windows10のスタートメニューによく使うフォルダーを表示する。

 

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

データの取りだしを依頼された。

パソコンを起動したらブルースクリーンが出た。
強制終了して再起動したら今度は正常に起動できた。
何度かこのようなことが続いたので、デフラグを試してみた。

この後パソコンは何をやってもブルースクリーンが出て、起動しなくなった。
こうして私のところにデータを取り出してほしいという依頼がやってきた。
この記事を読んだ人には覚えておいてほしい。
ブルースクリーンを防ぐためにデフラグを実行するという考えは間違いである。逆効果だ。
今回は不調のパソコンにとどめを刺してしまった。

パソコンはエプソン製の10年ほど前に手に入れたXPが動く中古のパソコンである。
依頼人は、仕事で使っていたにもかかわらず、バックアップを面倒だと思い、やらなかったそうである。
データがないと、仕事にならないと泣きつかれたが、それならなおさらバックアップの重要性を認識していなければならない。

パソコンを開けると、サムスンの古いIDE接続で40GBのハードディスクが見つかった。
手持ちのIDE-USB変換ケーブルを使って、Windows7が動くパソコンにつないでみたが、認識してくれない。

依頼人宅に持ち込んだツールではデータの取り出しはできそうになかったので、ハードディスクを持ち帰ることにした。

IDEのインターフェイスを持つパソコンにつないで、データの取り出しは成功した。

依頼人は大変喜んでいたがこれに懲りてバックアップを取るようになるかはわからない。
いざという時は私に任せればいいという風に考えている節があるが、いつでもうまくいくとは限らない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

チャタリングが起きて文字入力ができない。

文字が連続して入力され、文章が書けなくて困っているという電話をいただきました。
ワードをひらくと連続的に0が入力されるようです。
このようにユーザーの意思とはかかわりなく同じ文字が連続して入力される現象をチャタリングなどと呼びます。

このような現象が起きるケースでは、キーボードにごみが詰まっている場合が多いので、クリーニングの道具一式と検証用のキーボードを用意して依頼人宅を訪問しました。
検証用のキーボードはもちろん、チャタリングの原因がキーボードにないときのためです。
依頼人のパソコンはNECの一体型のパソコンで、マウスとキーボードは無線で本体と接続しています。
キーボードは白く、キートップは、1.5mmほどの高さしかありません。
依頼人がマウスを使って、ワードを起動すると、キーボードに触る前に0が並び始めました。
キーボードをよく見ると、9のとなりにある0が押し込まれたままになっています。
これをマイナスドライバで、正常な状態に戻そうとしましたが、隙間に入りません。
そこで剃刀を使いました。
この薄い刃が隙間に入り、無事、0のキーは元に戻りました。
依頼人は私に指摘されるまで、キーボードの状態に気がつかなかったようです。
その後、何度かテストしましたがキーボードに問題は起きませんでした。
結局、私が準備してきたものは出番がありませんでした。

この後、Windows10の案内が出ているがアップグレードするべきだろうかという話になりました。
私は少し考えて、パソコンに詳しいと依頼人がおっしゃる娘さんが正月に帰って見えるということでしたので、その時に娘さんの意見を聞いたうえで決定すればいいだろうという意見を述べました。

条件さえそろっていればWindows10へのアップグレードは難しくはないのですが、作業時間がかなり長時間に及ぶ上、その間に、パソコンが動作していないのではないかと思わせるような現象が起きます。
ハードディスクのアクセスランプがついたままになったうえで、何の変化も起きない状態が1時間も2時間も継続することがあります。
この状態で異常が起きたのではないかと判断してパソコンをシャットダウンしてしまうと元のWindowsは起動しないし、もちろん、Windows10も動かないという状態になります。

こういうことが起きるケースがありますので、気軽にアップグレードを勧めたりはできません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ディスプレイの左上に「-」が点滅してPCが起動しない。

パソコンの電源を入れたらディスプレイの左上に「-」が点滅していて、Windows7が起動しない。
パソコンが壊れているのかどうか調べに来てほしいという依頼を受けた。

症状が出る前に何か変わったことがなかったか聞いてみた。
するとUSB接続のSDカードリーダをつないだら赤いランプが一瞬ついただけで、データを読み取れないことがあったといわれた。

パソコンをセーフモードで立ち上げようとしてみたか聞くと、「いや、あなたが来るまではパソコンに触らないでおくことにした」という返事があった。

ここまでの情報を得て、依頼人宅を訪問した。
パソコンは、DellのStudioXPSのデスクトップで、OSはWindows7proである。
まず、電源を入れて症状を見た。
確かに、Windowsの起動までたどり着かず、画面の左上に「-」が点滅している。
依頼人にシャットダウンして、パソコンの裏に接続されているUSBを全部はずすように言った。
再起動するとキーボードが接続されていないというエラーメッセージが出て、停止した。
そこで、キーボードだけつないで、再起動した。
今度は、Windows7の正常起動にたどり着くことができた。
ここで、USBマウスを接続した。
問題はない。

問題がUSBにあるらしいことが分かったので、パソコンに接続されていたプリンタ2台、外付けのHDD一台、SDカードリーダ1台のどれに問題があるのか、いろいろな組み合わせで接続して、パソコンが正常に起動するか試してみた。

その結果、外付けのHDDを接続しているときにパソコンが起動しなくなることが分かった。
そこで、このHDDをパソコンの裏側にあるUSB端子につなぐのをやめて、前面のUSB端子につなぎなおした。
すると、パソコンは正常に起動した。
依頼人はパソコンの前面につなぐのは見た目がよくないとおっしゃる。
そこで再度、パソコンの裏側につなぎなおした。
すると今度は問題なく起動するようになった。
何度か再起動してみたが問題は起きなかった。

原因を調べるために、イベントビューワを開いて、ログを読んでみた。
その結果、USB機器をつないだ時に、プラグアンドプレイのシステムにエラーが出たらしいことが分かった。

今回は依頼人が協力してトラブルを解決できたので、今後同じような事態が起きたときには自力で解決できるだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第12弾です。
パソコンのデータが読み取れない!光ディスクの保存記録を長持ちさせる方法8つ
https://latte.la/column/42094446

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

パソコンがフリーズする。

最近、東京から福岡に引越してきた方からパソコンがフリーズしているので修復してほしいという依頼を受けました。
パソコンは、テレビも見られるVAIOの一体型デスクトップで、OSはwindows7です。

パソコンを起動してみるとスタートアップ修復が始まりました。
様子を見ていましたが5分ほどで修復できませんというメッセージが出て終了しました。
次にシステムの復元を試してみました。
依頼人が行った設定作業の日付と時間を聞いて、復元ポイントを設定しました。

待ち時間の間に依頼人の話を聞きました。
NTTの光回線が通じたので、設定用CDを使っていたら、セキュリティ対策ソフトのインストール途中でパソコンがフリーズした。
多分、セキュリティ対策ソフトが前のものと衝突しているのだろうから、どちらか削除すればいいのではないかといわれました。

しかし、後でわかったことですが、フリーズの原因はセキュリティ対策ソフトの衝突ではありませんでした。

この後、システムの復元は必要なデータが保存されているフォルダが開けないというメッセージを出して終了しました。

依頼人はここまでは自分で何度もやってみたがうまくいかなかったといいました。

そこでもうひとつ前の復元ポイントを試してみました。
今度は原因を表示せずに復元はできませんでしたという表示が出ました。

以前、他でこのようなケースを経験したことがあります。
パソコンを再起動し、F8キーを押し続けて、セーフモードが起動できるようにします。
この画面で、セーフモードを選ばずに、「前回正常起動時の構成」を選びました。
これで、パソコンは正常に起動するようになりました。

パソコンにはよくわからないソフトが起動していますが、依頼人は中国のソフトで、問題はないと主張されました。

他にも見慣れた迷惑ソフトがありましたのでこれは削除しました。

さてフリーズの原因になったと依頼人が主張するセキュリティ対策ソフトを探してみましたが見つかったのはVAIOに購入時から付属していたとみられる期限切れのマカフィーセキュリティセンターと中国製のセキュリティ対策ソフトです。
NTTのCDからインストールされたというセキュリティ対策ソフトは見当りません。

依頼人は引っ越しをする前はパソコンは正常に動いていたといわれるので、前にも書いている通り、フリーズの原因はセキュリティ対策ソフトではないようです。

動作していないマカフィーセキュリティセンターは削除ツールを使って削除しました。

作業開始後2時間ほど経過していますが、ここまでパソコンはフリーズしませんでしたので、一件落着ということで引き上げることにしました。

しかし、すぐに呼び戻されました。
私が引き上げて5分ほどでフリーズしたそうです。

さて、パソコンがフリーズする原因はハードとソフトの両方があります。
依頼人はブラウザを使って中国の動画サイトを見ていたらフリーズしたといいます。
キーボードもマウスも動かなかったそうです。

まず、メモリーチェックを行いました。
特に問題なし。

ここで、依頼人はCDドライブにCDを入れるとすぐにフリーズするといいました。
最初に言っておいてほしかったですね。
確かにCDをドライブに入れて閉じるとパソコンがフリーズします。
ここでパソコンを再起動しました。
エクスプローラーを開くとCDを認識しています。
使っているCDはNTTのCDです。
そのまま設定を進めようとしますが画面が出ません。
2,3分してようやく設定画面が出ましたが次の画面に進むところでフリーズしてしまいました。
どうやら、光学ドライブが故障しているようです。

ここで依頼人は引っ越し業者がパソコンを丁寧に梱包しなかったといいだし始めました。
次はハードディスクのチェックです。
ソフトがフリーズの原因という可能性はシステムの復元を使って引越前、1か月半前に戻したので考慮しないことにしました。

エラーがあるドライブのチェックはかなり時間がかかりますが今回は2時間余りかかりました。

一応エラー箇所は修正されたはずですが必要なデータはバックアップを取って、HDDの交換と光学ドライブの交換をお勧めしました。

依頼人は引っ越し業者と話し合うつもりのようです。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

コラムの第7弾です。
パソコンのデータが突然消える前に。すぐできるPCのバックアップ方法5選
http://bit.ly/1CsrDGa

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

外付けのハードディスクに保存されたデータにアクセス出来ない

2014年の年末に引き受けた仕事の記事である。

会社で利用している外付けのハードディスクが突然読み出せなくなったそうで、年明けすぐから利用するデータが保存されているので、何とかして読み出してほしいといわれた。

今回、修復を依頼された外付けのハードディスクというのはバッファローのNAS(network attached strage)である。
7年前に購入して利用しているらしい。
NASは名前のごとく、ネットワークケーブルでルータに接続し、各パソコンからネットワークドライブとして利用出来るようになっている。
早速LANに接続してみた。

NASを利用するためにはNASNavigaterというソフトを利用する。
開いてみるとEMモードという状態になっていて、ハードディスクにアクセス出来ない。
調べてみたがEMモードというのは何らかの理由でファームウエアに障害が発生しハードディスクにアクセス出来なくなった状態らしい。
引き続いて調べるとファームウエアをアップデートすると修復出来る場合があるらしい。
というわけで早速NASの型式を調べ、該当するファームウエアをダウンロードした。

ここまでを自分でやってみなかったのかと依頼人に聞いてみた。
やってみたがうまくいかなかったという返事が返ってきた。
ソフトが依頼人の会社で利用しているパソコンに対応していなかったらしい。

ファームウエアを実行して、表示されている画面を見たかと依頼人に聞いてみたが見ていないといわれた。
依頼人には失礼だがおそらくダウンロードしたファームウエアが間違っていたのではないだろうか。

ファームウエアのインストールが終わり、NASNavigaterを開くとEMモードは消えていて、ハードディスクにアクセス出来るようになっていた。

依頼人が希望するデータをUSBメモリーに保存して、NASと一緒に返却した。

2014年はパソコンが壊れて終わりを迎えた。
新年はパソコンの自作で始まる。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7