迷惑ソフト関連

2016年6月 8日 (水)

Windows10からWindows7に戻せない。

朝、パソコンを起動すると、Windows7がWindows10にアップグレードされてしまいました。
パソコンは6年前に購入した東芝製です。

どうしていいのかわからなかったので、とりあえずいくつかのソフトを動かしてみましたが、ワードが正常に動きませんでした。
また、マイクロソフトアカウントを持っていたので、これでサインインできるように設定してみました。
しかし、個人情報が漏えいしそうな気がしたので、Windows7で使っていたローカルアカウントに戻しました。
他にも子供が遊んでいるゲームソフトが動きません。

この後スマホで、Windows7に戻す方法を見つけたので、実行してみました。
でも再起動するとWindows10が起動します。

どうしたら、Windows7に戻せるのでしょうか。
もし戻せないのなら、Windows10を使えるようにしてほしいという依頼を受けました。

依頼人宅を訪問して、Windows7に戻す手続きを確認しましたが間違ってはいません。

さて、Windowsのヘルプには、[以前のバージョンの Windows に戻す]場合の注意事項というのが書かれています。

○アップグレード後、windows.old フォルダーと \$Windows.~BT フォルダーの内容がすべて保持されていること。

○アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。

○Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。

○Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。

となっています。

依頼人は、マイクロソフトアカウントを設定後、削除しています。
どうやら、これが原因でWindows7に戻せなくなったようです。

やむを得ず、Windows10を使うことになりましたが、いろいろとおかしな現象が起きています。
マイクロソフトエッジが正常に動きません。
起動すると真っ白な画面が表示されていつまでたっても同じ状態のままです。
インターネットエクスプローラーも同じです。

依頼人宅では、ファイアーフォックスをメインのブラウザとして使っていたらしいのですが、こちらは、Windows7の時から、ブラウザハイジャッカーに感染していたようで、妙なトップページが表示されています。

すべてのアプリを開いてみると、グーグルクロームが見つかったので起動してみるとこれは正常に動いていました。

次に、タスクマネージャーを開き、スタートアップタブに登録されているアプリの中から正体不明のアプリと起動する必要がないと私が考えるアプリを無効に設定しました。

再起動した後で、オフィス2010の各アプリをテストしましたが一応動いているようです。
子どもさんが使うというゲームソフトも正常に起動しました。

しかし、このWindows10は正常ではありません。Windows7へのダウングレードを繰り返すうちに異常が起きたのでしょう。
依頼人は、買い替えるまでの間は、この状態で使い続けるそうですので、とりあえず様子を見てもらうということで退出しました。

Windows10にアップグレードされた後、一ヶ月は元のWindowsに戻せることになっていますが無条件ではないということです。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第22弾です。
Windows10にアップグレードする or しない?評価は?各メリットとデメリット
https://latte.la/column/70808387

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

アダルトサイトの請求画面がでなくなった。

 アダルトサイトの請求画面が頻繁にでるようになって困っているので消してもらえないかという依頼が2件続けてキャンセルになった。なぜかはわからないが2件とも請求画面が表示されなくなったらしい。

一つめは請求画面がでるようになってから一ヶ月弱の間、パソコンを使わなかった。
しかし、どうしても使う必要ができてパソコンを起動すると請求画面が表示されなくなっていた。
その後、一週間ほど使ってみたが請求画面は表示されない。
というわけで、一ヶ月前の削除依頼はキャンセルになった。
これは、3月の初め頃の出来事である。

2件目は本日の出来事である。
10日ほど前に削除依頼をもらった。
その時依頼人は東京にいて、福岡には4月の始めに戻るので、その頃に削除にきてほしいということであった。
私は一件目の出来事を経験していたので、帰福したらパソコンを起動して、請求画面がでるか確認するように伝えた。
今日の朝、依頼人から連絡がはいった。
パソコンを起動してみるとアダルトサイトの請求画面は表示されなくなっていた。
2件目も削除依頼はキャンセルになった。

この2件の出来事が偶然なのかどうかはわからない。
もしかすると、最近のアダルトサイトの請求画面はパソコンに表示されるようになってから一定の期間、インターネットに接続できないと活動を停止するようになっているのかも知れない。

確かめてみたいものだ。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

迷惑ソフトを削除して再起動するとデスクトップが真っ暗になってパソコンが使えなくなった。

 依頼人のパソコンに保存されているデータをUSBメモリーにコピーして友人の所にもっていったらウイルスに感染しているといわれた。
どうしたらいいだろうという相談があった。
詳しく話を聞いてみた。

友人宅のパソコンはUSBメモリーに含まれているウイルスを検知したらしく被害は友人のパソコンには及ばなかった。

依頼人のパソコンのOSはWindowsVistaの無印である。
依頼人は考えて、マイクロソフトの無料で使えるセキュリティ対策ソフトをダウンロードし、パソコンをスキャンした。
セキュリティ対策ソフトは3つのウイルスを発見して削除した。
他にCドライブの空き領域がかなり少なくなっていてコンピュータを開くとCドライブが赤くなっている。
Dドライブにはそれなりに空き領域があり、また外付けのハードディスクもある。
ここまで話を聞いて依頼人宅を訪問するまでにセキュリティ対策ソフトでフルスキャンを実施するよう指示した。
依頼人はフルスキャンに半日をかけ、5つのウイルスを削除した。

パソコンに本来入っていたウイルス対策ソフトはしばらく前に更新期限が来ていたがそのままにしていたらしい。

ここのところ、他のパソコンでもよく見かけるように複数の迷惑ソフトが活動していた。
これらを一通り削除して、賞味期限が切れていたウイルス対策ソフトを削除して再起動したところで異常が発生した。
ようこそ画面をすぎたところで、画面が真っ暗なままになってしまった。
マウスカーソル以外、何も表示されない。
この症状はウイルスによってレジストリのデータが壊れたときにおきるものによく似ている。
セーフモードでは画面は正常に表示されている。
そこでシステムの復元を試してみた。
選べる復元ポイントはひとつしかなくその時点では正常に動いていたようなのでこれを選択してシステムの復元を実行した。
システムの復元は正常に終了したように見えたが通常モードでは相変わらず真っ暗である。
Cドライブに保存されていたデータはDドライブや外付けのHDDにバックアップされているので、リカバリーを実施しようと考えた。
リカバリー手続きを実行しようとする直前にリカバリーデータがどこに保存されているのか確認したくなったので、リカバリー手続きをキャンセルした。
パソコンは自動的に再起動される。
するとパソコンはなぜか正常に起動した。
デスクトップも正常に表示されている。
よくわからない。

気を取り直して作業を続けた。
システムの復元を実施したため、迷惑ソフトの削除をやり直し、
その他の不用と思われるソフトも削除した。
つぎにCドライブを圧迫しているデータをDドライブに移動する手続きを実行した。
この後何度か再起動してみたがパソコンは正常であった。
この画面が暗くなるトラブルからしばらく日にちがたったが再現していないようである。
ググってみたがこのような現象の報告は見かけない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

インターネットを開くと容量が不足していると表示される。(Inbox.com)

 インターネットを開くと容量が足りないという画面が表示される。
パソコンに詳しくなくて説明できないが他にも聞きたいことがあるので、きてほしいという依頼を受けた。

訪問してさっそくパソコンを起動すると次々に見慣れた迷惑ソフトが起動していく。
依頼人の話ではこれらのソフトはその都度終了すれば問題ないと思っているらしい。
見ているとわかるが依頼人は終了させたつもりでも通知領域にアイコンが表示されたままになっている。
デスクトップ上にはなくてもソフトは活動している。
また、いくつかのソフトはお金を支払って購入したらしい。
そのソフトを使えば問題は解決できると思ったのにインストールに失敗するんだとおっしゃる。

インターネットエクスプローラーを開くとinbox.comのホームページが表示され、そこにはディスクの容量が不足していると出ていた。
そこでエクスプローラーを開いて、ディスクの容量に十分な残りがあることを説明した。

各迷惑ソフトを削除する。
まずクリーンブートの設定をしてパソコンを再起動する。
これでも一部の迷惑ソフトは起動する。
タスクマネージャを開き迷惑ソフトのプロセスを停止する。
つぎに「プログラムの追加と削除」(Windows XP)、「プログラムと機能」(Windows Vista/7)などを使って各ソフトをアンインストールする。
この中でInboxツールバーも削除しておく。

inbox.comのホームページが表示されないようにするにはインターネットエクスプローラーを閉じて、コントロールパネル→インターネットオプション→プログラムタブ→アドオンの管理→検索プロバイダーを開いて別の検索プロバイダーを既定に設定した上で、inboxを削除する。
次に全般タブからホームページを希望するものに変更する。

今回もここまでをおこなった上でクリーンブートの設定を解除し、パソコンを再起動した。
その後、しばらく様子を見たが迷惑ソフト類の削除はうまくいったようであった。

たまに、このようなソフトの侵入はウイルス対策ソフトで防げないのかと聞かれることがある。
しかし、この手のソフトでは大抵の場合、インストール時に許諾を求めるようになっており、形式的にはユーザーの承諾を得た上でインストールされるので、ウイルス対策ソフトメーカーは勝手にこの手のソフトを削除できない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7