パソコントラブル(有線LAN)

2017年8月23日 (水)

パソコンに関する質問の電話をいただいた。

一件は、ドキュメントに保存していたはずのデータが消えてしまったのだが、どこにあるか電話で指示してほしいという依頼だった。

私の頭には、?がいっぱいであったが、取りあえず状況を探ってみた。
依頼人は、ネットを参考にして、覚えているファイル名を検索してみた。
その結果、ファイルは見つかったがクリックすると「ファイルはリンク先から移動しているか削除されているのではないか」というメッセージがでたらしい。

私が、ゴミ箱の中は探したかと質問すると、数日前に、ゴミ箱を空にしたという返答があった。

削除する際には、中身を何も確認しなかったといった。
依頼人はもしかしたらドキュメントを削除したかもしれないというので、フリーの復元ソフトを使えば確認できるかもしれないとアドバイスした。

すると依頼人はすでに試してみたといった。
確かに削除したソフトは見つかったが、復元しようとするとお金を払えというメッセージが出て復元できなかったらしい。
そこで、私が使用している「ファイナルデータ11+」を「幸運を祈る」という言葉を添えて、紹介し、電話を切った。

この電話を受けているうちにもう一件、相談の電話が入っていた。
今年の2月ごろに、「ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンにレ点がついてる」というネットワークのトラブルでサポートに伺った方である。

またつながらなくなったらしい。
前回試したことを電話で依頼人に試させたが解決しない。
今回は、レ点の問題でもなかった。

ネットワークと共有センターから、アダプタの設定の変更を開く。
依頼人宅のパソコンはノートだが有線接続であるからイーサネットを右クリックして、状態を開く。
次に、詳細を開いた。
すると、IPアドレスは192.168.1.16になっていた。
DHCPサーバーとDNSサーバーは192.168.1.1になっている。

依頼人宅では、部屋のネットワークコンセントにLANケーブルを挿すだけで、インターネットに接続できるはずなので、とりあえず、マンションのルータまでは接続できているのだろう。

そこで、マンションの管理人に相談するように勧めてみて、問題がないと言われたら再度私に連絡するように言って電話を切った。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その17
PageUp  1画面上へ移動する 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第36弾です。

●文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

ひさしぶりにパソコンを起動したらインターネットにつながらない。

しばらくぶりにパソコンを使おうとしたら、インターネットにつながらないので原因を調べてほしいという連絡をいただいた。
この方からの依頼は2回目で、前回は起動後にタスクバーがフリーズするというトラブルだった。

手を焼いたのを覚えている。
今回は、インターネットエクスプローラーを開いてしばらくしたら接続できないというメッセージが出たらしい。
その後、ネットワーク診断を実行してみたら「DNSサーバーは応答していません」というメッセージが出たと依頼人は伝えてくれた。

依頼人宅を訪問して、パソコンを見せてもらった。
Windows7が動くパソコンで、ルータとは有線で接続している。
スイッチを入れるとパソコンはスムーズに起動した。
特に問題がありそうに見えないが、タスクバー右端にあるネットワークのアイコンに!マークが出ている。
アイコンを右クリックして、ネットワークと共有センターを開いてみた。

Net001_2
インターネットに接続できていないことが分かる。
コマンドプロンプトを開いて、「ipconfig /all」を実行してみた。
必要なipアドレスはすべて取得されており、問題はなさそうだ。
ルータにpingを打ってみたが直ちに応答が返る。
次に、「www.yahoo.co.jp/」にpingを打ってみた。
応答が返らない旨の報告があった。

ここまでで、パソコン側には問題がなさそうなこと、LANケーブルが断線している可能性もないと思われた。
そこで、ルータを再起動してみた。
電源ケーブルを引き抜いてしばらく待ち、つなぎなおす。

今回はこれで解決した。
過去には、これでも解決できずに、通信回線を提供している会社とやり取りして、マンション内にある設備の修理を依頼したことがある。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

インターネットに接続できない理由は。

関東から福岡に引越してきた方から電話がありました。
インターネットが使えるマンションに入ったんだが、パソコンがインターネットに接続できない。
あらかじめ配線をするだけで、インターネットにつながるように、引越前に設定をしてもらっていたんだが、どうしたらいいかわからないので、インターネットが使えるようにしてほしいという依頼を受けました。

次の日に依頼人のマンションを訪問しました。
依頼人は私の顔を見るなり、インターネットはつながるようになったので、プリンタの設定をお願いしたいといわれました。
とりあえず、パソコンを起動して、インターネットエクスプローラーを起動すると「FON」に接続できない404エラーという画面が表示されました。
依頼人は、この画面を見てインターネットにつながっていないと思ったそうです。

FONというのは、世界最大のグローバルWi-Fiコミュニティだそうです。
依頼人は、アドレスバーにヤフーのアドレスを入力して、正常に表示されるのを見て、インターネットに接続できないと思ったのは間違いだったと悟ったそうです。

パソコンはWindows10が動くノートパソコンで、LANケーブルで、インターネットに接続されています。

プリンタの設定ですが依頼人は自分でやってみたそうですがうまくいかなかったそうです。
依頼人はプリンタが吐き出したエラーの内容がかかれた紙を見せてくれました。
IPアドレスがないそうです。

プリンタを見るとパソコンとはUSBケーブルでつながっています。
USBで接続する場合にはIPアドレスという用語は出てきません。
そこで、CDを使って設定をやり直しました。
デバイスドライバは既にインストールされていると表示されました。
次に進むと接続の選択画面が表示されました。
上から、有線LAN、WiFi、USBとあります。
依頼人はWiFiを選んだそうです。

USBを選んで先に進みます。
プリンタの電源を入れて、パソコンにUSBケーブルをつなぎます。
これで後は自動的に認識して設定は終わるはずだったんですが、反応がありません。
おかしいなと首をひねっていると依頼人には覚えがあったんでしょう。

プリンタの裏側を見るようにいわれました。
USBケーブルは有線LANの接続口に差し込まれていました。
つなぎなおすとプリンタは正常に動くようになりました。

プリンタの設定もそれなりの知識を要求されるので慣れない人には大変です。
とりあえず、説明書をよく読みましょう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

Windows7からWindows10にアップグレードしたら、インターネットにつながらなくなった。

Windows7からWindows10にアップグレードしたら、インターネットにつながらなくなった。
Windows7を使っていた時も時々つながらなくなっていたが、システムの修復を使うと、インターネットにつながるようになっていた。

Windows10になってからはシステムの修復は使えないし、一度もインターネットにはつながったことはないと依頼人は言った。
Windows10へのアップグレードに失敗しているのかと思ったが、インターネットにつながらないだけで、デスクトップは表示されているし、エクセルなどは起動できるといわれた。

パソコンの型式を聞いてみた。
富士通のノートパソコンで、サポートページで調べるとWindows10へのアップグレードはサポートしていないと書かれていた。
ということは、ネットワーク用のデバイスドライバに問題があるということだろうかと思いながら依頼人宅を訪問し、パソコンを見せてもらった。

パソコンにはLANケーブルがつながっている。
その先には弁当箱くらいのサイズの黒いネットワーク機器がつながっている。

タスクバーの右端にはネットワークのアイコンがあり、バツ印がついている。
これをクリックして、「アダプタのオプションを変更する」を開いてみた。
そこには、無線LANのアダプタと、イーサネットのアダプタがあった。
無線LANのアダプタは無効になっている。
イーサネットのアダプタは有効で正常に動作していると表示された。
Windows10にアップグレードしたためにデバイスドライバに異常が出たという仮説はここで廃棄した。

さて何が原因でインターネットにつながらないんだろう。
パソコンに問題がないなら次はネットワーク機器だということで、黒い弁当箱ぐらいの大きさの機器の裏側をのぞいてみた。

てっきりルータだと思っていた弁当箱はモデムだった。
そこでダイヤルアップの設定をすることにした。
いわゆるブロードバンド接続の設定である。
幸い必要な接続IDとパスワードが書かれた書類はすぐに見つかったので、設定はスムーズに済んだ。
この後、ブロードバンド接続を実行すると無事にインタネットに接続された。

その後、依頼人にルータを購入することを勧めて、引き揚げた。
ルータを介していないとインターネットからの攻撃をパソコンで直接受けることになる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

2階に置いた無線LAN親機と1階のパソコンで接続できない

正月明けからインターネットに接続できないので見に来てほしいという依頼を受けた。
パソコンではWindows8.1が動いている。
インターネットエクスプローラーを起動するとこのページは表示できないというメッセージが出た。

依頼人はホームページをグーグルに指定している。
アドレス欄にwww.yahoo.co.jpと入力してみたが結果は同じである。

次にコマンドプロンプトを開いて、ipconfig /allを実行してみた。
これで、ネットワークの設定が分かる。
割り当てられているアドレスは192.168.11.2である。
ゲートウエイアドレスは192.168.11.1になっている。

ここでpingを実行してみた。
pingはネットワークの導通テストをやりたいときに使うコマンドである。
ping www.google.co.jp
応答なし。
ping www.yahoo.co.jp
応答なし。
ping 192.168.11.1
応答なし。

パソコンは無線LANと有線でネットワークに接続できるようになっている。
依頼人の話では有線はかなり前から使えないらしい。
パソコンは一階に設置されており、光ファイバーの屋内端末は二階にある。
そこから壁の中を通して、LANケーブルを一階まで配線している。
しかし、断線しているらしく使えない。

そこで2階に無線LANルータを置いて一階のパソコンとつないでいる。
しかし、建物が軽量鉄骨で作られているようで、電波の通りが悪い。

かなり感度は低いのだが、状況は正月前も同じだったのだからこれだけをインターネットにつながらない原因とはしにくいと思う。

2階に上がり、モデムと無線LANルータを確認した。
正常に見える。
テスト用のノートパソコンを使って接続の設定をしてみた。
無線LANルータには正常につながっている。
しかし、インターネットにはつながらない。
そこで、モデムの電源をおとしてしばらく待ってから電源を再投入した。
少し時間はかかったがモデム前面の必要なランプがすべて点灯した。
電源を落とす前も点灯していたランプは同じだった。

このあと、インターネットに接続できるようになった。

依頼人には回線事業者と話し合って、配線工事をやり直すように勧めた。
2階ではパソコンを使わないというのだから必要なことだと思う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

1台だけインターネットにつながらない。

 パソコンがインターネットにつながらないという相談を電話で受けた。
IPアドレスが169から始まっているらしい。
こういうケースではパソコンがDHCPサーバーから適切なIPアドレスをもらえていないことを意味している。

依頼人は自分のパソコンに割り当てられているIPアドレスを調べる事ができるだけのスキルがあるようだ。
そこで状況をもう少し聞いてみた。

インターネットの回線はソフトバンクのADSLを利用している。
モデムとパソコンの間にはブロードバンドルーターがあり、今回問題が起きたパソコンを含めて、3台つながっている。
他の2台はインターネットに接続できる。

これだけの情報を得て、依頼人宅へ出張した。
パソコンは中国の方から譲り受けたものでショップで組み立てられたデスクトップのようだ。
私は電話で聞いた話から、インターネットに接続できないのはLANケーブルに問題があるからだろうと考えていた。
しかし、そのLANケーブルをノートパソコンにつないでみたところインターネットに接続できる。

問題が起きているパソコンではWindows7が動いている。
トラブルシューティングのプログラムを実行してみるとLANケーブルが接続されていないと表示される。
デバイスマネージャーで確認するとネットワークインターフェースカードは正常に動作していると表示された。

LANケーブルに問題がないらしいことと考え合わせてこれはLANの接続端子に問題があるのだろうという結論を出した。
この結論が正しいとは限らないが、依頼人宅からヤマダ電機までの距離が100メートル程度しか離れていないことを考慮して、USBタイプのLANアダプターを購入することにした。

購入した製品についてきたデバイスドライバーをインストールするとインターネットに接続できるようになった。

パソコンがインターネットに接続できないときにはとりあえず、LANケーブルの接続口をのぞいてみる。
ときどき端子が曲がっていたり、さびていたりする場合があるのだ。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

Windows8.1の初期設定(インターネットに接続できない場合)

 それまで使っていたパソコンが遅すぎて使えないのでWindows8.1のノートパソコンを購入した。
しかしどうしたらいいかわからないので、教えてほしいという相談を受けた。

古いパソコンはWindowsVistaが動く富士通のノートパソコンである。
起動してみると確かに遅い。
スタートボタンをクリックしても反応がない。
これならパソコンに関する知識のない依頼人が壊れたと思うのも無理はない。
クリーンブートの設定をして再起動すると気持ちよく反応が返ってくるようになった。
インターネットにも正常につながっている。

この状況からするとパソコンを買い換えなくても何とかなったと思うのだが時すでに遅しである。

さて、Windows8.1の初期設定である。
新しいノートパソコンにLANケーブルとマウス、電源ケーブルをつなぎ起動する。
この際に、必ず電源ケーブルをつなぐことを忘れないようにする。
買ってきたばかりのノートパソコンのバッテリーは空っぽなので、もし、電源ケーブルをつながずに起動できたとしても設定中に電源が落ちるおそれがある。
実は経験がある。
電源ケーブルはつないでいたのだが、その先にあるOAタップのスイッチがオフになっていた。
OAタップがカーテンの陰になっていてわからなかったのである。

Windows8.1の初期設定では、はじめの方に無線LANの設定があるが依頼人は有線LANを使うのでこの設定はパスした。
LANケーブルをつないでいるのでインターネットに接続されているものと思い、マイクロソフトアカウントの設定を始めようとしたができなかった。

この時点では、原因がわからなかったのでとりあえず、ローカルアカウントの設定を行って初期設定を済ませた。

再起動して、トラブルシューティングを始めた。
すると、IPアドレスを取得できていないという結果がでた。
そこでLANの配線を調べてみた。
するとONUから直接、パソコンにケーブルがつながっていることがわかった。
なるほど、これではインターネットに接続できない。
そこで、PPPoEの設定をはじめ、プロバイダのIDとパスワードを入力した。
古いパソコンではPPPoE接続を行っているように見えなかったので気がつかなかった。

これでインターネットに接続できるはずだがWindows8.1ではこれがスムーズにできない。
チャームバーにエラー651というのが表示されて、手作業で接続作業をしてやる必要がある。

参考記事 Windows8.1がインターネットに繋がらない。

依頼人はこれを嫌ったので、パソコンとONUの間にブロードバンドルータを挟んで解決することにした。
セキュリティの問題もあって、モデムやONUなどとパソコンの間にはルータを挟むのがよい。
こうしておくとインターネット側から直接パソコンにアクセスできなくなる。
パソコンのPPPoE機能を使ってインターネットに接続するのは止めた方がいいと思う。

このあと、省略していたマイクロソフトアカウントの設定を行った。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

Windows8.1がインターネットに繋がらない。

 インターネットにつながらないので見に来てほしいという依頼を受けた。
以前、メールの設定について相談されたことがある方だ。

パソコンはショップ製で以前はWindows7が動いていたが今ではWindows8.1とのデュアルブートになっている。
起動したときに出るメニューで7と8.1を選択できるわけだ。
ネットの回線はNTTの光でプロバイダーはヤフーである。
パソコンから出たイーサネットケーブルがONUにつながっている。
Windows7で起動した場合はインターネットに問題なくつながるがWindows8.1の場合はうまくいかない。
「エラー651:モデム(またはほかの接続デバイス)からエラーが返されました」と言うエラーが表示されるのだがリトライするとインターネットに接続される。

651error
とりあえず、ネットワークのデバイスドライバーを最新のものに更新してみた。
しかし、症状に変化はない。
グーグルで検索してみても現時点ではこのトラブルが解決されたという情報は見あたらない。

この障害はおそらくWindows8.1がPPPoEの処理を失敗しているのが原因だと思う。
自分が知っているWindows8.1ユーザーにはこのようなトラブルは発生していない。
今回のユーザーとの違いはONUとパソコンの間にルーターがあるかないかの違いである。
ブロードバンドルーターがあればWindows8.1がPPPoEの処理をする必要がないので問題なくインターネットに接続できるはずである。
依頼人はOSのインストールができる技量の持ち主なのでブロードバンドルーターを購入して設定するように勧めた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

ntoskrnl.exe が存在しないか壊れているため Windows が起動できない

 インターネットにつながらなくなったのでいろいろといじっていると真っ暗な画面に「C:\WINDOWS\SYSTEM32\ntoskrnl.exe が存在しないか壊れているため Windows が起動できません。」と表示されてWindowsXPが起動しなくなった。
PCはNECのノートパソコンである。

という相談を受けて依頼人宅を訪問した。
そこであたらしくわかったのはシステムの復元をして再起動すると上に書いているような状態になったということ、ネットには無線LANで接続しているという二つである。

ntoskrnl.exeというのはWindowsOSの核というべきファイルでこれがなければWindowsは動きません。

今回のような表示が出る場合には実際にntoskrnl.exe に問題がある場合とboot.iniファイルの内容がおかしい場合がある。
一般にパソコンの電源が入るとまずMBRの情報に従ってアクティブなパーティションにあるブートローダーが読み込まれる。
つぎにブートローダーはboot.iniファイルに書かれている情報に従ってWindowsを起動していく。
ここでboot.iniの中身が間違っているとエラーが表示されてWindowsは起動しなくなってしまう。

今回の場合、boot.iniファイルの中身は
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition" /noexecute=optin /fastdetect
というふうになっていれば正常である。

今回、boot.iniを確認するためにWindowsPEを利用した。
これはWindows系のOSをインストールしたときやスタートアップ修復をした時に動いているソフトである。
WindowsPEをCDブートで起動すればエクスプローラーや、メモ帳、レジストリエディタ、コマンドプロンプトなどが使える。
ただし、PCのメモリーが500MB以上必要である。
WindowsPEは無事に起動したのでメモ帳でboot.iniを確認した。
異常はない。
上に書いているものとまったく同じである。
boot.iniは今回のトラブルの原因ではないことがわかった。

つぎにWindowsPEのエクスプローラーを使ってntoskrnl.exeが所定の場所に存在しているのを確認した。
まずこのntoskrnl.exeの名前を変える。
ntoskrnl.oldにした。
次にこのPCのC:\windows\i386にあるntoskrnl.ex_を解凍して、C:\windows\system32にコピーした。
再起動してみるとWindowsXPのロゴが出た。
うまくいったのもつかの間、
autochec program not found - skipping AUTOCHECK
という表示が出て、再起動を繰り返し始めた。
この問題を解消するにはレジストリを扱う必要がある。
しかし、何か次から次に問題が出てくるような気がしたので依頼人にリカバリーを勧めてみた。
依頼人はデータはUSBメモリーにバックアップしてあるのでリカバリーをしてかまわないといった。
依頼人にインターネットやメールの設定に必要な書類、プリンタのドライバなど必要なものがあることを確認してリカバリーを開始した。
パソコンがCドライブにリカバリーデータ領域からコピーを実行している間に無線LANのSSIDと暗号化キーを確認した。
コピーは40分ほどで終わり、再起動した。
PCの名前を決め、ユーザー名を入れた。
至って順調である。
次にMS Officeをインストールした。

ここからインターネットの設定である。
無線LANに付属しているCDは使われた形跡がなかったので、Windowsの機能を使って設定することにした。
PCは無線LANの電波を受信している。
設定を開いてみると複数のSSIDが表示されているが依頼人宅の無線LANルータのSSIDが表示されていない。
仕方がないのでCDから設定用ソフトをインストールして使うことにした。
ルータのボタンを押してやりとりをするのを見守った。
なぜかタイムアウトしてキャンセルされた。
なぜだろう。
再度挑戦したが同じである。
マニュアルを見るとアドレスがすべて使われてしまっているかもしれないので有線で接続して確認する様にと書かれていた。
手持ちのLANケーブルを使ってPCとルータを接続した。
つながらない。
lanケーブルが接続されていませんというエラーが表示された。
この記事の最初に書かれているトラブルが復元してしまった。
リカバリーを実施したのでネットの接続ができないというトラブルは解消したものと思っていたがそうではなかった。

ここから自分が検証用に持ち歩いているノートパソコンを使ってみることにした。
このPCは正常に動くことが確認されている。
検証用のPCでも無線LANのSSIDは表示されない。
隣近所のものと思われるSSIDはたくさん表示されている。
有線LANもやはりlanケーブルが接続されていませんというエラーが表示された。
そこでlanケーブルをNTTのルータに直結した。
インターネットは正常に使えるようになった。
lanケーブルを依頼人のPCにつなぎ替えた。
依頼人のPCはインターネットに接続できるようになった。
結論はその昔、PCと同時に購入した無線LANルーターが壊れているというものである。
依頼人は無線LANルーターってこわれるんですかというが勿論こわれる。
新しい無線LANルーターを購入するのを待って設定の続きを行うことになった。
疲れた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

インターネットにつながらない(予想外の原因)

 昨日まではインターネットにつながっていたのに、今日はつながらないので調べて欲しいという依頼を受けた。
パソコンは2台あり、1台は無線LANを使っている。
もう一台は有線でつながっている。
とりあえずLANに有線でつながっている方のパソコンを調べてみた。
ネットワークと共有センターからローカルエリア接続の設定を見たが特に問題はない。
ネットワークの配線は光プレミアムのCTUから無線LAN親機を経由して、パソコンにつながっている。
それぞれ電源を入れ直してみたが状況は変わらない。
NTTのスタートアップツールからCTUに接続してみた。
正常に接続できる。
ケーブルの配線や設定に問題があるとは思われない。
ここにいたってやむなくNTTのサポートセンターに相談してみた。
サポートセンターの回答はプロバイダーに聞いてみろというものであった。
プロバイダーの返答は予想外であった。
料金が支払われていないので回線を停止したというものである。
依頼人はあわててあちこちに電話をしていた。
その結果、わかったことは住所変更の誤りであった。
今回また、私の経験値は増えた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7