SF

2013年7月 7日 (日)

一ノ谷博士が独断解説 ウルトラQ 南海の怒り

 太平洋のど真ん中で漁場に向かう日本の漁船が巨大なタコを思わせる怪物に襲われる。
そのあたりは漁師に死の海と呼ばれているらしい。

船長の息子、久保明はミクロネシアの島に打ち上げられ、島の娘に助けられる。
漁船が遭難する事件が頻発することに関心を持った日本の新聞社が万城目一行を派遣する。
島に到着したばかりで巨大なタコ(スダールという名前らしい)が島の娘の弟を襲う場面に遭遇する。
万城目淳が娘の弟を助けだす。
この場面はあっさりしている。

その後、スダールをやっつけるという展開になるのだがスダールは外敵の侵入からこの島を防衛する守り神である。
久保明は親の敵を討とうと考えて、娘に無理をいってスダールのすみかを聞き出そうとする。
つい先ほどまでは会話が成立していなかったはずだがあっという間に久保氏はミクロネシアの言葉をマスターしたらしい。
しかし、よく聞くと久保氏は日本語をしゃべっており、娘の方が日本語を理解したようだ。
たいしたものである。

スダールを攻撃するために万城目氏は飛行隊の派遣を要請する。
国連が派遣するという設定だがそんなに簡単なはずがない。
安直な設定だと思う。
ミクロネシアの島にはアメリカの領土も存在しており、当然アメリカの漁船もスダールの被害を受けているはずである。
初動がたまたま日本の新聞社だったとしてもアメリカが自分のところで解決する問題だと言い出すだろう。
まずアメリカが調査団を派遣し、結果次第で海兵隊が派遣されるはずだ。

話を戻す。
スダールは航空機の爆雷をものともせず、島民を襲うが槍とライフルによって殺される。
やっぱり、爆雷のダメージが大きかったんだろう。
このときの活躍が認められ久保氏にはハッピーエンドが訪れる。

久保氏はこの3年ほど前に同じような南の島で、マタンゴになった経験があるはずだが今回はそれほどひどい目に遭わなかったことはご同慶の至りである。
さて、ウルトラQシリーズは今回で終了である。
次から、しばらくは東宝映画特撮シリーズをやろうと思う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

一ノ谷博士が独断解説 ウルトラQ 甘い蜜の恐怖

.

 「雷鳴のとどろく嵐の夜、一人の男がアンバランスゾーンに落ちた。」
物語の始まりに語られる石坂浩二氏のナレーションは見ている私をもアンバランスゾーンに引きずり込んでくれた。

嵐の夜から数日後だと思われるがセスナ操縦の訓練を行っていた星川航空の二人は貨物列車が山崩れによって脱線するところを目撃する。
場面は変わって農事試験場。
物語の始まり、嵐の夜の場面はこの場所だったらしい。
男が懐中電灯と金槌を持ち鍵を壊して、建物に入り込む。
中にはハニーゼリオンという特別な栄養剤で育てられた地蜂の幼虫がいた。
ハニーゼリオンには摂取した動物を巨大化させる副作用がある。
そのあと、試験場の近くの農地から巨大なモグラが出現する。
物語では名もなき巨大モグラだが一応モングラーという名前でよぶ。
怪獣図鑑ではその名前がついている。
ウルトラQでは東宝特撮のぬいぐるみを流用した怪獣が多かった中でこれはウルトラQのオリジナルである。
冒頭で貨物列車の脱線事故を引き起こしたのもモングラーのようだ。
男は農事試験場の研究員の一人で、ハニーゼリオンを開発した仲間に嫉妬して、事件を引き起こした。
確かに男は心のアンバランスを引き起こしたのに違いない。
それにしてもかわいそうなモングラー
戦車砲で攻撃され、ミサイルを浴び、地中に逃げるとマグマの通り道に入り込んでしまう。
気の毒というほかない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

ウルトラQ 地底超特急西へ

 東海道新幹線が開通して1年を過ぎた頃、超特急という言葉が輝いていた頃のお話しである。

いなずま号は東京、大阪、北九州を時速450km、3時間で結ぶ超特急だ。
この超特急の試運転が行われる。
いなずま号がホームに入ってきた。
先頭にはピトー管らしきものがあるが航空機じゃあるまいし、こんなものが必要なはずはないと思ったのだが最後部のロケットエンジンらしきものが火を噴いて走り出したところを見ると航空機のようなものを想定しているらしい。
また、ホームに羽がはみ出している。
なかなか非常識である。
いなずま号にはマスコミを含めた招待客が乗り込んだようだがその身分を確認をしたシーンはない。
いくらのどかな時代といえども考えにくいことである。
そのために靴磨きの子どもをはじめとする本来乗車するはずのなかった人たちが騒ぎを引き起こす。
子どもが二人肩車して乗り込む。
二人羽織のようだ。
これはあまりに不自然だと思うが客室乗務員などの関係者は皆、見なかったことにしているようだ。
最後の乗客として、一平が本来、持ち込むはずのなかった人工生命が入ったジュラルミンケースを持ち込む。
この先に起きる悲劇が目に見える。
しばらくしてお約束通り、人工生命はゴリラのような姿に育ち、超特急の運転席を乗っ取る。
このために制御を失ったいなずま号は暴走を始める。
この後、乗務員の機転により、客車は切り離されて無事に停車するが靴磨きの子どもは人工生命と一緒に暴走する先頭車両に取り残される。
最終地点の北九州には車止めが用意されている。
これに減速せずに衝突した先頭車両は破壊されてしまうが子どもは鋼鉄でできた金庫に潜り込み宇宙に打ち上げられてしまう。
子どもは金庫を開いて、「極楽浄土には蓮の花がたくさんだと聞いていたが実際には星がいっぱいだ」と言う
このシュールな終わり方。
子どもにこの後どうなったのと聞かれたらなんと説明したらいいだろう。
このお話には先月亡くなられた石川進さんが超特急を管理する主任として出演されています。
ご冥福をお祈りします。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

海底軍艦

 海底軍艦 1963年公開 監督本多猪四郎

 
海底軍艦 轟天号は太平洋戦争末期に日本海軍が設計したものらしい。
この兵器が完成すれば戦局を一気に好転させることができると考えられていたようだ。
しかし、相変わらず、大艦巨砲主義から抜け出すことには成功していない。
いかに万能原子戦艦といわれても雨あられとやってくるだろう対艦ミサイルの前にはなすすべもないと思うのだがみもふたもないのでこの話はやめよう。

轟天号のサイズなどはウィキペディアによれば、全長150m、重量1万トン、空中速度マッハ2、水上速度80ノット、水中速度50ノット、地中速度時速20キロ、地上速度時速300キロということである。
地上速度というのは何だろう。轟天号が地上を走行しているシーンは映画には出てこない。
映像的にかっこいいとは思えないが一度みてみたいものである。
動力源は万能原子戦艦と言うぐらいだから原子力だと思うがそんな話題は映画にはでてこない。

武装 艦首ドリル、主砲 冷線砲(マイナス273度の光を放って、相手を凍結させてしまう兵器である。実に画期的な兵器だがどういう仕組みだろう)、副砲 3連装電子砲(よくわからんが電子ビームを放つらしい)、帯艦電撃(轟天号にからみついた怪獣マンダを退治するのに使われた)

さて映画の話である。
突如として地上への侵攻を始めたムー帝国の末裔たち、これを迎え撃つ万能の海底軍艦。
簡単に言えばこんな映画である。
この映画に登場するムー帝国人は要するに普通の人たちである。この人たちが地上に戻りたいと考え、かつ地上を支配したいと考えて、地上を攻撃し始める。
あまり今風の映画の発想ではない。
海底軍艦の原作が書かれたのは1900年ということだからやむをえないだろう。
21世紀の今では人類が人類に対して武力による支配を企むことは少なくとも映画でははやらない。
今時の映画なら敵は地下からではなく宇宙からやってくることになっている。

物語は人が車で誘拐されるところから始まる。
誘拐犯は被害者とともに車ごと海へ飛び込む。
誘拐された男は土木技師で、落盤対策が専門。
似たような事件が同時期に各地で発生している。
また、海軍の元将校だったらしい人物をムー大陸の工作員を名乗る人物が誘拐しようとする。
映画なので伏線が多くて登場人物が何者なのか理解するだけで大変である。
この時点では伊号第四〇三潜水艦という船の名前が印象に残る。
ちなみに伊号四〇二潜までは実在した。
この物語の中で重要な役目を持つこの船の艦長は神宮寺大佐である。

ムー大陸は一万八千年前に太平洋に没した大陸らしい。
ムー大陸の工作員を名乗る男が警察にフィルムを送りつけてきた。
その中に出てくるムー帝国の地下ドームに四〇三号潜が安置されていた。
この船がムー大陸の手に落ちたときには乗組員は誰も乗っていなかった。
工作員は艦長の神宮寺大佐が乗組員を指揮して、海底軍艦を開発しているという。
その開発を中止して、地上の人間はムー大陸の皇帝陛下に忠誠を誓えと言うのである。
事態をきちんと認識できていない世界は当然ながら、この要求をまともなものと考えなかった。
地上世界に対して、ムー帝国は世界の海運に打撃を与え始める。
いわゆる通商破壊であり、ドイツのUボートがやったのと同じようなものだ。
世界中の海軍はこれに対抗できなかったらしく、世界はムー帝国が開発停止を要求する海底軍艦に期待するようになる。
やむを得ないことだがムー帝国の戦略は稚拙なものである。
世界を支配できるかもしれない科学力を持っているのにわざわざ対抗できるかもしれない存在を世界に知らしめるのである。
この時点では不意打ちによって殆ど抵抗されずに世界を手に入れることができたはずである。
特にこの時点では海底軍艦は完成しておらず試運転も行っていなかったのである。
その上、神宮寺大佐はこの時点では海底軍艦は日本帝国再興のために使用することのみを考えていた。

この物語では神宮寺大佐は秘密裏に海底軍艦を開発しているがこれは現実には極めて難しい。
建造を行っている島はかなり大きいものであるらしく、映画には登場しないが原住民もいるらしい。
この物語では太平洋戦争が終わってからそんなに時間がたっていない。
太平洋の人が住めそうな島は米軍がすべて調べ上げたはずであり、無人島も調査したはずである。
また、海底軍艦のような大型の船を建造するには大量の資材が必要である。
ある程度の大きさを持つ島に、工場を造る。
例え地下に作るにしても資材と建設機械が必要である。
船の出入りが必要なはずで秘密を維持するのはとても不可能である。
軍艦であるから当然武器を必要とするが一から開発するわけにはいかないだろうし、必要な資金はどこから調達したのだろう。
登場人物たちも島が大きいことに驚いていたが小さな島で海底軍艦が開発できるはずがない。

などといいつつ、海底軍艦は試験航海にスタートする。
この後、地上世界とムーの戦闘が開始される。
気の毒で書く気がしないのだが緒戦で勝利を収めたムーはその後、登場する海底軍艦に歯が立たないのである。
もう少しマンダにはがんばって欲しかった。
しかたがない。
冷凍光線のような非常識な兵器には対抗できなかったのだろう。
最後に海底軍艦はムー帝国の動力室に侵入する。
しかし、上層部は我々より劣った民族が侵入できるはずがないといって、応援を派遣しなかった。
こうしてあえなくムー帝国は滅ぶ。
これで物語は終わる。

思うのである。
私が執政官であったならもう少しましなやり方で地上を征服したであろう。
もちろん支配を長く維持することは不可能だとは思う。
まぁ、100年、帝国が栄えることができれば上等というものだ。
ムー帝国が滅びた後、地上に平和が訪れたかというともちろんそんなことはたぶんない。
日本は無敵の兵器を所有したと解釈され、世界各国から海底軍艦の解体を要求されるだろうし、他の国はもちろん同じような兵器を開発しようとするだろう。
いずれにしろ、強力な武器など持つとろくなことにはならないのが人の世界である。

 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

ウルトラQ バルンガ

 エネルギーを直接食べて生きている不思議な宇宙生物のお話である。
お話はロケットが地球に帰還するところから始まる。
乗員の「もうすぐ地球だ」という言葉でこのロケットは月、もしくは他の惑星から帰還しようとしていることがわかる。
それにしてもこのロケットには乗員は一人しかいないようだし、帰還直前だというのに居眠りをしている。
信じがたいことだ。
その上、ロケットは逆噴射を開始した後に燃料がないという言葉と風船だという言葉を残して墜落してしまう。
この時点ではロケットに何がおきたのか誰にもわからない。

場面はロケットが墜落した海面上空を飛ぶセスナ機内の万城目淳と由利子にかわる。
二人の会話で墜落したのが土星ロケットだったことがわかる。
あの程度のロケットで土星まで行って帰ってこれるとはとても思えないがこの点は今回の話とは関係がない。
この後セスナも燃料不足に見舞われる。
二人は無事に帰り着き、淳は一平を燃料をどれだけ入れたのかとしかりつける。
気持ちはわかるが淳も機長であるからには燃料は確認したはずだ。
その後、セスナの中に風船がいるのを一平が見つけた。
万城目一行は車に風船を乗せて移動しているがどこへ行くつもりだったのだろう。
途中でガソリンが切れて動けなくなる。
この風船のような生物はは動力になりそうなものはなんでも食うのである。

この後のシーンで、新聞社のデスクが風船をバルンガと呼んでいる。
風船はバルーンだからつけられた名前だろう。

バルンガは東京中のエネルギーを吸収して巨大化し、東京を危機に陥れる。
自衛隊が航空機でバルンガを攻撃するがそのエネルギーも食われる。
ちなみにこのシーンは「ラドン」のフィルムを流用しているようだ。
続けて台風が来るがそのエネルギーも食われてしまう。
このシーンは「妖星ゴラス」のフィルムを流用している。
この時点でバルンガに対して日本政府は打つ手なしという状態に陥った。

この後、何の伏線もなく国連が核ミサイルを宇宙空間で爆発させてバルンガを東京上空から宇宙空間へと誘導する。
この場合には安全保障理事会は機敏だったということだろう。
バルンガは核エネルギーを食べた後、本来の食べ物に気がつき、太陽へ向かって去っていく。
「明日の朝、晴れていたら空を見上げてください。そこに輝いているのは太陽ではなくバルンガかもしれません。」というエンディングのナレーションはなかなかいいと思う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

ウルトラQ 206便消滅す

 206便には万城目淳と一平が乗っていた。
香港から東京へ向かうこのジェット旅客機は日本初の超音速旅客機である。
速さを比較するものがないので超音速だといわれればそうですかというほかない。
順調に羽田に向かって飛行を続けていたこの旅客機は空中に突如現れた渦に飲み込まれる。
空港は突如、レーダーから機影が消えた旅客機の行方について騒ぎになる。
この様な場合、飛行機は墜落したか空中分解したと考えるのが普通だがウルトラQではそんな展開にはならない。
空から旅客機が飛ぶ音が聞こえる、しかしレーダーには写らないし肉眼でも見えない。
一の谷博士はこのような出来事は理解できないという。
旅客機はまるでドライアイスを使った煙で覆われたような場所に不時着している。
エンジンは停止しているようにしか見えないのに地上ではエンジン音が聞こえている。
誠に不思議なことだ。
旅客機には護送中の凶悪な犯罪者の男が乗っており、警官から拳銃を奪って旅客機を支配する。
その際に弾を2発発射した。
男は機長と淳、一平等を連れて旅客機から降り、歩く。
そこで第2次大戦中に遭難したと思われる飛行機の一群を目撃する。
淳は隙を見て、男と殴り合いをし、勝利する。男は助けてくれと叫びながらこの世界から退場する。このときに2発、発砲される。
この後、なんらの必然性もなく怪獣が現れる。
万城目淳は怪獣に向かって6発発砲する。
拳銃は警官が所持していたものであり、予備の弾丸もないのに合計10発の発砲は無理だと思う。
この怪獣は特に活躍することもなく旅客機はこの不思議な空間から脱出することに成功する。
ナレーターの石坂浩二氏は超音速旅客機で東京上空を通るときはいつこの不思議な空間に迷い込むことがあるかもしれないといっている。
そのときには安全ベルトを締めることを忘れないように。
最もこのような事件が頻発すれば世界中の航空会社は東京行きの便を設定しなくなるだろう。
以下では前半に「206便消滅す」、後半に「あけてくれ!」が収録されています。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

ゴジラVSスペースゴジラ

 ゴジラVSスペースゴジラを観た。
1994年の東宝特撮映画である。
この映画ではスペースゴジラの傍若無人な活動を妨害するために人間側が福岡タワーをひっくり返している。
地元民の私としては大いに気に入らないが地元がゴジラを誘致したらしいのでやむを得ない。
最近ではゴジラ映画は製作されていないようなので、スカイツリーをひっくり返すような怪獣は当分出現しないのだろう。
それとももう準備されているのだろうか。
この映画には人間側の超兵器としてモゲラなるものが出るのだが、兵器類がいまいちぱっとしない。
兵器の名前をしゃべってから攻撃する。
一昔前の少年ジャンプのボクシング漫画のようだ。
皮をつくるのに予算がかかって兵器までお金が回らなかったのだろうか。
そんなことではゴジラにはとうてい勝てないぞ。
スペースゴジラは北の方角から、福岡にやってくるがゴジラは鹿児島に上陸して熊本に行った後に突然確たる理由もなく、大分に向かっている。
ゴジラの軌道を変えるような強力なフェロモンがあったのかもしれない( ̄ー ̄)ニヤリ。
このほかにはゴジラに連続出演している小高惠美さんがテレキネシス(サイコキネシス)を使うシーンが2回ある。
経験値の増加によるレベルの上昇があったに違いない。
テレポーテーションが使えるようになればトップレベルの超能力少女になれるかもしれない。
テレポーテーションといえば「エスパイ」で藤岡弘さんがやっているが思い出したくないので今回のお話はこれで終わりにしよう。

 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

ウルトラQ 変身

 ある山奥で、雪男のものかもしれない巨大な足跡が見つかる。
物語が進むにつれて、モルフォ蝶という存在が浮かび上がる。
蝶の研究をしている男が恋人を連れて山へ行く。
そこへモルフォ蝶によく似た蝶が現れる。
蝶は飛ぶときに体を上下させるのだがこの映像ではきわめてわざとらしく体を上下させていた。
モスラも同じタイプの生物であるから飛行しているときは蝶と同じようにゆらゆらと体を上下させるはずであるが映画では目撃されない。羽を羽ばたいて飛ぶ生物が直線的に移動するのは非常識である。

男はモルフォ蝶の鱗粉の影響を受けて巨大化する。
一般に大きさが2倍になると体重は8倍になるので、正常な人の姿では体を支えることはできない。巨大化という現象では体の内部構造まで変化しているはずだ。普通の骨では直立できない。
従って男は見かけは人と同じに見えてももう中身は人ではない。
しかし、このあと、一の谷博士が作った機械により、男は通常の姿に戻るのである。
すごい!

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

ねこめーわく

 「ねこめーわく」の第7巻を読んだ。
直立し、言葉を話す進化した猫の話である。

第1巻から第7巻まで全部、所有しているはずだがすぐ手に取れるようにはなっていない。
今回、読んだ話の中に肩こりがテーマになっているものがある。
その中に欧米人は肩こりという概念を持たないというのがある。
実は私も昔は肩こりをしなかった。
肩がこったという発言をしたことはない。
今でもしない。
これを驚かれたことがある。
私はどうやら肩こりをしない人間ではなく、知らない人間であるらしい。
肩こりという概念を知った人間はそのときから肩がこり始めるというのは冗談だが、欧米人は肩こりを知らないというのは本当だろうか。
昔、誰かに聞いた覚えがある。

ねこめーわくはWebで読むことができる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月11日 (日)

ウルトラQ 宇宙指令M774

 海の上を豪華客船が行く。
船の一室でいつもの3人がトランプをしている。
子どもの視聴者にもわかりやすいようにと考えたのであろう。
ゲームはババ抜きである。
ジン・ラミーだったらよかったんだが、(ゴールドフィンガーでやってるゲームはこれである。)しかし、当時の子どもたちには理解できなかっただろう。
由利ちゃんがゲームから抜けて、船室を出る。
海風にあたりながら歩いていると彼女はフランス人形を拾う。
人形はしゃべり始めて自分はルパーツ星人だと名乗る。
私は由利ちゃんがきゃーっと悲鳴を上げて人形を捨てるのかと思ってみたのだがさすが主役、微動だにしない。
人形は地球にボスタングという怪獣が侵入したという。
彼女は人形の台詞が一通り終わってから表情を変え、海に人形を投げ捨てた。
不自然な演出だと思う。
由利子は急いで、万城目たちがいる船室に戻る。
彼女は2人に話を信じてもらえない。
人形を海に投げ捨てたのは大きな失敗だったといえよう。

場面は変わり、万城目氏と一平はセスナの操縦訓練をしているのだが空の上で忽然と消えてしまう。
無人のセスナだけが星川航空へ戻る。
ここまでを見た限りでは30分の番組にするのは惜しい。
誘拐された、万城目たちは宇宙人から由利子が聞いたのと同様の警告を受ける。
これだけの目にあっても万城目は話を信じようとはしない。
やむを得ず、ルパーツ星人は話を信じてもらうために地球へ来ることになった。
その後、地球へ到来したルパーツ星人の警告に従って、ボスタングの脅威から地球を守ることに成功する。
ルパーツ星人は地球の女性と同じ姿をしており、地球に住み着くことになった。
出入国管理法ではこのようなケースは想定していないと思うのだがお役所はどのように対応するのだろう。
彼女の話では地球には宇宙人がたくさんいるらしい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7