Windows8

2015年5月13日 (水)

Windows8搭載パソコンの初期設定

パソコンの初期設定を依頼されました。
あらかじめ、予備知識を得ずに訪問すると同じパソコンの初期設定でも状況により、行うべきことに色々と違いがあります。

今回の依頼人はヤフーBBと抱き合わせで、価格が安くなるパソコンを購入されていました。

通常、私が行うパソコンの初期設定では、インターネットの回線は開通しており、ルータと、パソコンをLANケーブルで接続する、もしくは無線LANのパスワードを入力するだけですむのですが、今回は違っていました。

NTTでは光回線の物理的な工事だけを行ってプロバイダとの接続はユーザー自ら行うことになっています。
以前、韓国の方から依頼を受けたときはこのNTTのやり方に依頼人はショックを受けていらっしゃいました。
まぁ、そうでしょう。

NTTの用意したCDを使って設定するのが一般的ですが今回はルータと有線で接続して、プロバイダから指示されたIDとパスワードを直接設定しました。
依頼人は、無線LANでの接続を希望されていましたがこれも付属していたCDを使うことなく設定しました。

依頼人はWindows8に関する知識を持ち合わせておらず、Windows7と同様に使いたいとの希望でしたので、あえて、マイクロソフトアカウントの設定は行いませんでした。
また、ごく簡単ではありますが、基本的な操作方法を教えました。

依頼人が購入したパソコンのOSはWindows8の無印です。
Windows 8 無印のサポート期限は、2016/01/12 までになりますが、このサポート期限の意味を説明するのに一苦労しました。

パソコンの価格が安いことの理由には8.1にアップデーされていないOSが使われていることもあるのでしょうね。
Windows 8 無印から、直接Windows10へのアップデートはできません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

コラムの第8弾です。
PCの時刻ズレが起こす、深刻な10のトラブル!パソコンの時計設定のやり方
http://bit.ly/1H0Karb

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

3月のWindowsUpdate後に起きたWindows8/8.1の不都合な問題

2015年3月の Windows Update のあとから、Windows 8・8.1で次のような不都合が発生するということがあったようです。
◎日本語で文字入力すると、画面上ではキー入力から遅れて、一字一字順番にゆっくりと表示される
◎Windowsのタスクバーの辺りに触れるとフリーズする
◎エクスプローラー関連の機能を実行するとフリーズする

私のところでは幸いなことにこのような現象は起きていません。
原因はWindows UpdateでインストールされたKB3033889 のようです。
これをアンインストールすると現象は出なくなりますが重要な更新のため、削除は推奨されていません。

現時点ではWindowsのセキュリティ更新プログラム「KB3033889」の修正版「KB3048778」が公開されています。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3048778?wa=wsignin1.0

追伸 WindowsUpdateのオプションに「KB3048778」が表示されるようになりました。

もし上記のような現象が起きてない場合は修正プログラムを適用する必要はありません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

コラムの第6弾です。

フィッシングサイトや広告に騙されない!怪しいリンクの見分け方

http://bit.ly/1w6Ag8e

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

Win8からWin8.1への更新。

 最近、Win8やWin8.1の初期設定を依頼されることが多いのですがその中から一つ取り上げます。

パソコンは富士通のLifeBook、ノートパソコンです。
依頼人は電気屋でWin8を搭載したパソコンはWin8.1を搭載したパソコンより2万円ほど安くできるといわれたそうです。
2013年の冬に発売されたパソコンが最新のパソコンより安いということですね。
しかもそのパソコンはOSをWin8からWin8.1に更新すれば最新のパソコンと同じように使えるといわれたそうです。
そこで依頼人はインターネットで我が社を探し当てました。
作業料金が安かったんですね。

依頼人はこの機会にということで、プロバイダの変更と無線LANの導入も考えたようです。
というわけで作業は一日仕事になりました。
作業開始は午前10時頃です。
まず、プロバイダの変更、次に無線LAN親機の設定。
これを終わらせてからLifeBookの初期設定を始めました。
初期設定終了後はWin8の使い方のレクチャーです。

一通りレクチャーしたら次はWin8.1への更新です。
ここからは午後の作業になります。
富士通のホームページにアクセスし、LifeBookの型式を使って、Win8からWin8.1への更新手順が書かれたページを開きます。

参考記事 [Windows 8] Windows 8.1 にアップデートする方法を教えてください。

ここには時間に余裕を持って作業することと書かれていますが全くその通りです。

まずデバイスドライバのアップデートです。
富士通のパソコンにはアップデートナビというものが用意されているので、これを使ってデバイスドライバやソフトをアップデートします。
これを実行する前にLANの接続を無線から有線に変えます。
これはもちろん有線の方がファイルをダウンロードする時間が短くて済むからです。
アップデートナビのメニューを見ると自動更新できるものが20個と手動更新する必要があるものが2個ありました。
自動更新は作業を始めるとなにもすることはありません。
時間が空いたのでその間に、別のパソコンに対してプロバイダ変更に伴うメールの設定変更を実施しました。
このあと、手作業によるデバイスドライバの更新と併せて約2時間ほどかかりました。

終わると次はWindowsUpdateです。
これもダウンロードとインストールにおよそ2時間。
再起動するとパソコンはWin8.1になっていました。
最後に2014年4月にリリースされた8.1アップデートを適用して作業は完了です。

他にプリンタの設定をやりましたが古いものだったのでWin8に対応したドライバがありませんでした。
そこでWin7用のドライバをインストールしたところ印刷はできるようになりました。

依頼人宅から引き揚げる頃には午後6時を過ぎていました。
時間に余裕を持って作業するようにという注意書きの意味がよくわかりますね。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

XPからWin8/8.1へのデータ移行ツール

マイクロソフトはWindowsXP搭載パソコンからWindows 8/8.1搭載パソコンへのデータ移行を支援するソフト「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」の無料ダウンロード提供を開始した。

2台のパソコンをつなぐネットワークケーブルを経由してデータの移行ができる。
アプリケーションソフトの移行はできない。

必要な人は以下のサイトの内容をよく確認して利用しよう。
「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」のダウンロードページ

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

Windows8のロック画面を非表示にするには

Windows8を起動するとまずロック画面が表示される。
このロック画面はスクリーセーバーから復帰したときにも表示される。
ロック画面からパスワード入力画面に進むには何かキーを押すか、画面をマウスでクリックするまたはタッチする必要がある。

この手順が面倒だと思う人のためにロック画面を表示させない方法を書いておこう。
例によってレジストリをいじる。
もし、操作を誤ってパソコンが動かなくなっても責任は負わないのでそのつもりでいてほしい。
バックアップは必ず取っておこう。

レジストリエディタを起動する。
Windowsキー+Rを押すと「ファイル名を指定して実行」が開く。
次に「regedit」と入力してEnterを押す
これでレジストリエディタが開く。

次のキーを開く。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies
¥Microsoft¥Windows
この文字列は1行にすると右側が切れてしまうので2行に分けている。

「Windows」を右クリックして「新規」-「キー」を選んで「Personalization」という新しいキーを作成する。
次に「Personalization」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選んで「NoLockScreen」というDWORD値(32ビット)を作成する。

「NoLockScreen」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。

レジストリエディタを終了して再ログインすればロック画面は表示されなくなる。

レジストリを扱うのはちょっとねと言う方のために他の方法も書いておこう。
たぶんこちらの記事に書かれている方が簡単だろう。

参考記事 ログオン(サインイン)時に毎回、パスワードを入力しなくていいようにするには

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

Windows8.1がインターネットに繋がらない。

 インターネットにつながらないので見に来てほしいという依頼を受けた。
以前、メールの設定について相談されたことがある方だ。

パソコンはショップ製で以前はWindows7が動いていたが今ではWindows8.1とのデュアルブートになっている。
起動したときに出るメニューで7と8.1を選択できるわけだ。
ネットの回線はNTTの光でプロバイダーはヤフーである。
パソコンから出たイーサネットケーブルがONUにつながっている。
Windows7で起動した場合はインターネットに問題なくつながるがWindows8.1の場合はうまくいかない。
「エラー651:モデム(またはほかの接続デバイス)からエラーが返されました」と言うエラーが表示されるのだがリトライするとインターネットに接続される。

651error
とりあえず、ネットワークのデバイスドライバーを最新のものに更新してみた。
しかし、症状に変化はない。
グーグルで検索してみても現時点ではこのトラブルが解決されたという情報は見あたらない。

この障害はおそらくWindows8.1がPPPoEの処理を失敗しているのが原因だと思う。
自分が知っているWindows8.1ユーザーにはこのようなトラブルは発生していない。
今回のユーザーとの違いはONUとパソコンの間にルーターがあるかないかの違いである。
ブロードバンドルーターがあればWindows8.1がPPPoEの処理をする必要がないので問題なくインターネットに接続できるはずである。
依頼人はOSのインストールができる技量の持ち主なのでブロードバンドルーターを購入して設定するように勧めた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

Bluetoothマウスが使えない。

Windows10で起きるBluetoothの問題をこの記事の最後に少し書いている。

 プリンタの設定を依頼されたお宅で、マウスが動かないといわれた。
プリンタの設定は手順通りで簡単に終わり時間が余ったのでマウスを調べてみることにした。

パソコンは東芝のdynabook、ノートパソコンである。
OSはWindows8で、マウスとはBluetoothで接続するようになっている。
何かの障害が起きているのかと思って調べてみると元々、設定されていないことがわかった。
このBluetoothマウスはノートパソコンの付属品のようだが購入者は自力で設定をおこなう必要があるらしい。
最近のノートパソコンではBluetoothマウスは自分で設定するものなのだろうか。

依頼人はなぜ、Bluetoothマウスが使えないのかわからずに放置していたようだ。。
私がマウスをいじっていると依頼人の室内犬が吠えている。
依頼人の話ではマウスはワンちゃんのおもちゃになっていたらしい。

その後、設定を済ませ、Bluetoothマウスは本来の地位を取り戻した。

以下のサイトで説明を読んでみると確かにBluetoothマウスの設定はユーザーが後からする必要があるようだ。
Bluetoothマウスが動いているとタッチパッドが無効になる。
これから考えるとdynabookでは標準でタッチパッドを使うものと想定されているようだ。

参考サイト ノートPCに付属のBluetooth(R)マウスを使用するための準備

追記。
Windows10ではタスクバー右側にある通知領域にアクションセンターというのがある。下記画像の右端の時刻表示の2つ左にあるアイコンがアクションセンター。

Tuuchi
アクションセンターの下方にある、すべての設定を開く。
この中のデバイスにBluetoothがあるのでこれを使って設定しよう。
上に書いている参考サイトも役に立つと思う。

追記2 PCメーカーが提供するBluetoothデバイスのドライバーが、Windows Updateで配布されたドライバーに入れ替わったことで、動作が不安定になることがあるようだ。
この場合、ドライバーをロールバックしてPCメーカー製のドライバーに戻し、その後は再び、Windows Updateで更新されるのを防ぐのがいいようだ。
参考記事 Windows 10のWindows Updateの自動更新をブロックする。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

パスワードの設定時には入力した文字列を確認しよう。(Windows8の初期設定)

 Windows8の初期設定を依頼された。
依頼人はマイクロソフトアカウントを所有していないので新規に作成することにした。

設定手順を一つずつ追いかけていこう。

Win8_001
パソコンの電源を入れると「パーソナル設定」画面が表示される。画面の色を選択し、「PC名」にコンピューターの名前を入力して「次へ」ボタンをクリックする。
この後、無線LANの設定をする。
Win8_002
次に設定の画面が表示されたら「簡単設定を使う」をクリック。

Win8_003
PCへのサインイン画面がでたら下の方にある「メールアドレスを新規登録」をクリックする。
Win8_004
「電子メールアドレス」で新しいアドレスを設定する。
ここからは依頼人自身に入力してもらう。
従ってパスワードなどは私にはわからない。
キー入力をするようすをみていたがブラインドタッチでとても上手だった。
「新しいパスワード」と「パスワードの再入力」に同じパスワードを入力し、「姓」「名」「国/地域」「郵便番号」を設定して「次へ」ボタンをクリックする。

Win8_005
「セキュリティ情報の追加」画面が表示されたら携帯電話の番号またはメールアドレスを入力し、「連絡用メールアドレス」にMicrosoftアカウントではない別のメールアドレスを入力する。さらに、「秘密の質問」と「答え」を設定して「次へ」ボタンをクリックする。

Win8_006
この後、完了画面が開くので、「生年月日」と「性別」を設定して「次へ」ボタンをクリックする。

Win8_007
最後に表示されているアルファベット文字を半角で入力し、「次へ」ボタンをクリックする。
これがうまくいけばMicrosoftアカウントが新規登録されて、そのアカウントでサインインが行われ、Windows 8のスタート画面が表示される。

今回、ここまでは順調だった。
次にスタート画面にあるメールを設定しようと考えた。
メールを開くとメールアドレスとパスワードを入力するように要求された。
依頼人は作成したばかりのアドレスとパスワードを打ち込む。
するとパスワードが正しくありませんと表示された。
依頼人は再度入力しなおす。
何度か繰り返すうちにロックされてしまった。
何が起きたのかこの時点では良く理解できていなかったのでメールの設定は後回しにして、プリンタの設定を行うことにした。
その前にWindows8のシャットダウンのやり方を教えることにした。
マウスを右上、もしくは右下に持っていき、開いた画面から設定を選びシャットダウンする。
再度パソコンを起動し、サインインしようとした。
パスワードが間違っているといわれてサインインできない。
ここにいたって依頼人がパスワード設定時に入力ミスをしたことがわかった。
どうやらリカバリーしかないかなと考えたが、しばらく悩んでいた依頼人はパスワード文字列のどこを間違ったのかに気がついた。
このことがあって以来、パスワードの入力時には入力した文字列が期待したものと同じか、確認させるようになった。
Windows8ではパスワード入力時に●で表示されている文字を通常の文字で確認可能なようになっている。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

無線LANの設定2題

無線LANがつながらないという相談を立て続けに受けたのでここに書いておこう。

 
料金が少し安くなるというので回線を変更したが無線LANがつながらなくて困っている方から設定を依頼された。
パソコンの画面を見るとフレッツ接続ツールの接続設定が表示されている。
依頼人のご主人が放置したらしい。
依頼人の話ではパソコンは元々、無線で接続されていたらしい。
フレッツ接続ツールはホームゲートウェイがあるか尋ねる画面で停止している。
ホームゲートウェイはなく、無線LAN親機はONUにつながっている。
そこで、フレッツ接続ツールでの設定はキャンセルすることにした。
無線LAN親機はNECのAtermなのでらくらく無線スタートを試してみることにした。
元々、この無線LAN親機にはPPPoEの設定がされているはずだと考えていたがその通りで、「らくらくスタート」ボタンを押してしばらくすると設定まで進まずとも無線でインターネットに接続できるようになった。

次はWindows8の無線LAN設定。
パソコンを買い換えたので、以前から使っている無線LAN親機に接続しようとしたができなかったらしい。
もちろん、無線LAN親機の設定を依頼人自身でするのは今回が初めてである。
無線LAN親機の側面に書かれていた文字列はマニュアルにメモされていたが依頼人はどれを暗号化キーとして入力すればいいかわからなかったらしい。
私が暗号化キーを入力してみたが接続できない。
依頼人は有線ならインターネットに接続できるという。
今回はホームゲートウェイがある。
確かに有線ならインターネットに問題なく接続できる。
そこで無線LAN親機の裏側を見るとルーターに設定されていたので、これをアクセスポイントに替えた。
これは無線LAN親機の裏側にあるスイッチをRTからAPにスライドして切り替えたのである。
次に電源を切って入れ直すとインターネットにつながるようになった。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

Windows8の初期設定を行う

 Windows8の初期設定とパソコンの使い方を教えるように依頼された。
職場ではパソコンを使って仕事をされていたようだが家では使ったことがないらしい。
訪問してみると奥さんは普通にノートパソコンを使っていた。

新しいパソコンはHPのデスクトップである。
2階の仕事部屋で使うということで梱包を解き、液晶ディスプレイを組み立てたところでネットは無線LANを使うといわれた。
ロジテックのLAN-W300NU2SEで、IEEE802.11n/g/bに準拠したUSB2.0対応無線LANアダプタが準備されていた。
箱にはXP、VISTA、7に対応しているが8で使えるとは書かれていない。
そこでWindows8の初期設定は1階にある無線LANルータの親機にLANケーブルで直接つないでおこなうことにした。
無線LANがドライバのインストールなしで使えるとは限らないと考えたからである。
Windows8のサインイン用にMicrosoft アカウントを新規設定した。
ここではパスワードの設定をする必要があるのだが依頼人からパスワードとは何かという質問が出た。
依頼人の頭には4桁の数字が浮かんだらしい。
職場のパソコンはシステム管理者がしっかり管理していたのでパスワードなどというものの入力を求められたことはないといわれた。
パスワードには電話番号、誕生日、車のナンバー、ペットの名前、家族の名前、辞書に載っているような単語を使ってはいけない。
英文字と数字および記号などをあわせて8文字以上にしてくださいと指示した。
すると複雑怪奇なとても覚えられそうにない、毎回入力するのが大変だろうと思えるパスワードができあがった。
少なくとも辞書攻撃にはほとんど無敵だろう。
次にリマインダー(この場合はパスワードを忘れてしまった場合に、あらかじめ設定しておいた質問と答えによってパスワードの代わりに本人確認をする機能のこと) の設定をした。
依頼人は「尊敬する歴史上の人物」を選び、織田信長と入力した。
私は入力する前から織田信長という名前を使うだろうと見破っており、別の名前を入力するように言った。
織田信長では秘密の質問の意味をなさない。
誰でも簡単に思いつくからだ。

このような調子で設定をすすめていくと正直なところいくら時間があっても足りなくなるものである。
このほかにインターネットエクスプローラー、タスクバー、通知領域などの用語の解説、またメールソフトにはアウトルックエクスプレス以外のものが存在すること、Windows8ではスタート画面にある「メール」を使うことを説明した。
他にもたくさんの説明と解説をしたがこれは書かない。
最後にUSBの無線LANアダプターをWindows8に接続したがあっさり認識し、ドライバをインストールしなくてもインターネットに接続できるようになった。
2階で使ってみると電波の強度はだいぶ落ちたが体感速度は十分に速く感じられた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BIOS関連 EXCEL関連 PC自作関連 SF SF小説世界の終わり方その1 USBメモリー関連 Webサービス Windows Vista Windows XP Windows10 Windows8 Windows8.1 Windowsを操作する。キーボード編 お天気関連 お知らせ アニメ・コミック インターネットにつながらない インターネットエクスプローラーの便利な使い方 インターネットエクスプローラー関連 ウィルス・スパイウェア関連 ウルトラQ ウルトラセブン ウルトラマン ゲーマーだった頃 コントロールパネル関連 スポーツ セキュリティ関連 データ復元 データ移行 ニュース ネットワーク関連 パソコンサポート パソコントラブル パソコントラブル(ソフトウェア関連) パソコントラブル(ハードウェア関連) パソコントラブル(有線LAN) パソコントラブル(無線LAN) パソコン・インターネット パソコン設定 パソコン豆知識 フリーソフト関連 ペット マイクロソフトエッジ マイナンバー違憲訴訟 メール関連 モータースポーツ レジストリ操作 初期セットアップ関連 印刷(プリンタ)関連 原発事故関連 四方山話 囲碁 基本操作・便利技 学問・資格 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東宝特撮映画 無線LANの設定 特撮 省電力・節電関連 科学 経済・政治・国際 趣味 迷惑ソフト関連 音楽 食べ物の話 Windows7