Windows10

2018年11月19日 (月)

Windows10 1809では、文字の大きさを今より大きくできるようになった。

Windows10 1809では、文字のサイズを大きくできるようになったらしい。
ド近眼でかつ老眼の私には、ありがたい機能でぜひ試してみねばと思った。

Windowsキー+Iで、「設定」を開き、その後、「簡単操作」-「ディスプレイ」とたどる。

Moji001
「文字を大きくする」の下にあるフェーダーを右にずらすと上にある「サンプル テキスト」が大きくなる。
見やすくなったと思えたらそこで、「適用」ボタンを押せばいい。

適用後、デスクトップ上のアイコンはサイズは変わっていないが、アイコンの下の文字は大きくなっている。

この機能では、Windows10自体の文字は大きくなるが、アプリ内の文字が大きくなるとは限らないようだ。
マイクロソフトエッジを開いて試してみたが表示されている文字の大きさは変化しなかった。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンが応答してくれない。

核廃絶を訴えるヒバクシャ国際署名に協力しています。
http://hibakusha-appeal.net/index.html

 

最後まで読んでくれてありがとう。

クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年11月15日 (木)

タスクマネージャーに、「電力消費」と「電源の使用率」という新しい項目が追加された。

我が家では、パソコンを起動するとすぐにタスクマネージャーを起動して、負荷のかかり具合を観察している。
理由は、パソコン起動後、ディスクのアクセスランプがつきっぱなしになる原因を知りたいからである。

それはともかく、現在利用しているWindows10 Home Build 17763rs5に搭載されているタスクマネージャーには、プロセスタブで表示される項目群に「電力消費」と「電源の使用率」が追加されている。

◎画像はクリックすると拡大されます。

Taskmgr002

「電力消費」ではアプリ/サービスの瞬時の消費電力状況を、「電源の使用率」ではアプリ/サービスにおける2分以上の消費電力傾向が表示されている。
なお、「電源の使用率」は起動してから、2分が経過していないアプリ/サービスでは内容が表示されない。

この記事を書くために、タスクマネージャーの画像を保存しようとしたときには、「電源の使用率」欄が空白で、何故かなと考えていたら突然表示され少々驚いた。
2分経たないと表示されないことを知らなかった(笑)

 新しい項目の追加によって、個別のアプリ/サービスが電力にどの程度の影響を与えているかが具体的に調べられるようになり、消費電力の大きいものと小さいものを判別しやすくなった。

MicrosoftEdgeは、長時間連続はしないが、電力消費量が大きく感じる。
やはり大きなアプリだからだろう。

ついでにいうと画像から見て取れる通り、パソコンが重いのは、Windoowsタスクのホストプロセスがディスクを占有しているからである。
以前、このプロセスを強制的に終了させたことがあるが、直ちに代替プロセスが起動して、パソコンは重いままだった。
このプロセスは停止させてはいけないということを学習したので、今では、「Windoowsタスクのホストプロセス」がお仕事を完了するまでおとなしく待っている(笑)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンが応答してくれない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年10月31日 (水)

Windows 10 Version1809 で、「絵文字」が使いやすくなった

Windows 10 Version1809 で、「絵文字」が使いやすくなったというので、早速使ってみた。

MS-IMEをオンにして、「windows」キー+「.」(ピリオド、ドット)を押す。
すると絵文字パレットが表示されるので、入力したい絵文字をクリックすれば簡単に入力できる。

Emoji001😊✈😍🤣😜👲。
うん、確かに簡単ではあるな😊

しかし、秀丸エディタで編集してたら、ShiftJISでは保存できないというので、Unicode(UTF-8)で保存したのだがこれいいのかな

追記:調べてみた。絵文字がUnicode 11.0.0に対応したということらしい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンが応答してくれない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年10月29日 (月)

クリップボードの使い勝手が良くなった。

Windows 10 Version1809 で、「クリップボード」の使い勝手が良くなった。テキストや画像の切り張りがまとめてできる。

まず「設定」-「システム」-「クリップボード」とたどり、「クリップボードの履歴」を「オン」にしておく。 

Clipboard001
テキストや画像などコピーしたいデータを選択し、コピー(Ctrl+C キー)しておく。(クリップボードへの取り込み)

次に、テキストや画像などが貼り付けられるアプリを起動し、Win+V キーを押す。
すると、「クリップボード」が表示される。

Clipboard002

コピーした順番に表示されているので、貼り付けたいデータを選んでクリックすればアプリに張り付く。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
土曜の夜は映画観賞

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年9月 5日 (水)

Microsoft Edgeで 選択した文字列で右クリックすると「 Google」 で検索できる

元々、Microsoft Edgeでは、選択した文字列を右クリックすると『「文字列」についてCortanaに質問する』というメニューが出て、「Bing」で検索した結果が表示される。

ここしばらくこの機能を利用していなかったのだが、(Googleのサイトを開いて検索していた)今日、ふと右クリックしてみると『Google内の「文字列」の検索』というメニューが追加されていた。

Kensaku001_2

実は、このことについては、「世の中は不思議なことだらけ」というブログの「Microsoft Edge 選択した文字列で右クリックすると Google で検索できる!(Ver.1709)」という記事を読んで知っていた。
これは今年の3月ごろの記事である。

しかし、少なくとも2週間ほど前までは、『Google内の「文字列」の検索』というメニューは表示されておらず、すっかり忘れていた。

この機能が使えるようになったのは、Microsoft Edgeの検索エンジンをGoogleに変更したことと最新の更新を適用したことだと思うがまだよく調べてないので確信はない。

参考記事:Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
土曜の夜は映画観賞

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年8月16日 (木)

デスクトップに置かれているアイコンを非表示にするには。

Windowsのデスクトップに表示されているアイコンを見せたくない時がたまにある。

事務所に来ているお客さんにパソコンを使って説明をしているようなときに、たまにアイコンを見て、これはどういう時に利用するんですかという質問をされることがあるのだ。

いちいち、応答していると本筋と関係ないことに時間を消費することになるので、最近は、デスクトップ上のアイコンを一時的に非表示にしている。
決して怪しいアイコンがあるわけではない

やり方は簡単で、デスクトップ上の空いたところで右クリックし、表示されたメニューをたどり、「デスクトップアイコンの表示」の左にあるチェックを外す。

Icon001_2


これでアイコンは見えなくなる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
土曜の夜は映画観賞

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年5月21日 (月)

タスクマネージャーに、若葉マークが?

Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)に更新した後で、タスクマネージャーを開くとプロセスタブ内の「状態」に若葉マークのように見えるアイコンが表示されている。

初心者マークのはずはないと思うのだが何だろう?

Wakaba001_2

詳しく見てみると、若葉のマークの前に「中断」と表示されている。

Wakaba002

どうやらWindows10で実行されているUWPアプリケーションがバックグラウンドに回った時の状態を表現するものらしい。

参考記事:UWPアプリケーションとは

参考記事:Anniversary UpdateでUWPアプリの動作が変化する? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
マイクロソフトエッジの新機能。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年2月26日 (月)

リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

最近、何度かパソコンの故障などで、Windows7やWindows8.1を再インストールした場合、Windows10へのアップグレードは無料でできるのか聞かれました。

マイクロソフトは、一旦Windows10にアップグレードしたパソコンでは、リカバリなどで、古いWindowsに戻った場合でも、無料で再アップグレードできるとしています。

リカバリ後のWindowsには、アップグレードに使うアイコンなどは表示されません。
代わりに以下のサイトからアップグレードできるようになっています。

Windows 10 April 2018 Update が利用可能になりました

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Win10downroad_2
最近行ったパソコンサポートでもリカバリを実施した後、このサイトを利用して、Windows10に再アップグレードしました。
ツールをダウンロードして実行した後は、画面の指示に従って操作していれば特に問題は起きません。
ただ、それなりに時間がかかります。
反応がなくて、どうしたんだろうと思うこともありますが気長に待つのがいいようです。
間違っても電源を切ってはいけません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
セーフモードが解除できない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月24日 (日)

コマンドラインの編集

 コマンドプロンプトでは、前に実行したコマンドを繰り返したり、少しだけパラメーターを変えて実行したくなることがある。
そのような場合に使うために各キーに編集用のショートカットが割り当てられている。
これらのショートカットキーを使いこなせばコマンド文の編集が手軽にできるだろう。

以下にまとめて紹介する。

コマンドライン編集用のキーボードショートカットキー

キー
動作の説明

1、[←]
カーソルを1文字左へ移動

2、[→]
カーソルを1文字右へ移動

3、[Ctrl]+[←]
カーソルを1単語分左へ移動

4、[Ctrl]+[→]
カーソルを1単語分右へ移動

5、[Home]
カーソルを行頭へ移動

6、[End]
カーソルを行末へ移動

7、[Insert]
挿入モードと上書きモードの切り替え。モードでカーソルの大きさが変わる

8、[Delete]
カーソル位置の1文字を削除

9、[Back Space]
カーソルの直前の1文字を削除

10、[Ctrl]+[Home]
行頭からカーソルの直前までを全部削除

11、[Ctrl]+[End]
カーソル位置から行末までを全部削除

12、[Ctrl]+[C]
入力をキャンセルして次行先頭へ移動

13、[F1]
直前の履歴の内容を1文字だけコピー

14、[F2]
直前の履歴から、指定した文字までコピー

15、[F3]
直前の履歴内容のコピー。何も入力していない状態で押すと直前の履歴を表示することになるが、行の途中で押すと、そこから行末までがコピーされる

16、[F4]
直前の履歴から、指定した文字まで削除

17、[F5]
1つ前の履歴へ移動

18、[F7]
コマンド履歴の番号とコマンドラインをポップアップ表示

19、[F8]
入力した文字列にマッチする履歴へ移動。繰り返し押すとマッチするものを順次表示する

20、[F9]
指定した履歴番号へ移動。履歴番号は先に[F7]を押して確認する

21、[↑]
1つ前の履歴へ移動

22、[↓]
1つ後の履歴へ移動

23、[Page Up]
履歴リストの先頭へ移動

24、[Page Down]
履歴リストの最後へ移動

25、[Alt]+[F7]
履歴を全て削除

26、[Esc]
入力を全てキャンセルして行をクリア

27、[Enter]
コマンドの実行

少し挙動が分かりにくいショートカットがあるので、実際に実行して、確認してほしい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンがスリープモードから目覚めない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月23日 (土)

コマンドプロンプトのレイアウトを設定

Windowsのアプリでは画面サイズを自由に変更できるが、コマンドプロンプトではこれができない。
理由は、古いDOSの画面(画面幅が固定のコンソール画面)をエミュレートしているからだ。

DOSの時代には画面のサイズを自由に変更するなどということは考えられなかった。
しかし、Windows上のコマンドプロンプトではプロパティのレイアウトタブからサイズを変更できるようになっている。

20171223_2

というわけで、コマンドプロンプトの画面サイズを使いやすいように変更して見よう。
コマンドプロンプトの画面サイズ(桁数と行数)は通常、80桁×25行となっているが、これでは狭すぎるので拡げてみたい。

画面バッファーのサイズ

幅 これは仮想的なコンソール画面の幅を表す。100桁以上にするのがよい。「ウィンドウのサイズの幅」を広げると自動的に連動するので、そのままにしておいていい。

高さ 仮想的なコンソール画面の高さを表す。このサイズを超えて出力されたテキストは、どんどん上にスクロールしていって見ることはできない。デフォルトでは300行だが、コマンド出力の結果が多いと入り切らないので、最大値の9999行まで増やしておきたい。

ウィンドウのサイズ

幅 コマンドプロンプトウィンドウの物理的な幅(桁数)を表している。通常最初は80桁しかなくて狭いので、100桁とか120桁などに増やしておこう。この値を増加させると「画面バッファサイズの幅」も自動的に連動する。

高さ コマンドプロンプトウィンドウの高さ(行数)を表す。30行とか40行など、なるべく画面いっぱいになるようにセットしておくとよい。

 以上の設定変更が終わった後、[OK]をクリックすれば、設定が保存され、直ちにコマンドプロンプトウィンドウに反映される。

20171223_1

この画像じゃよくわからないな。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンがスリープモードから目覚めない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

御挨拶

  • ◎「一ノ谷博士のパソコン豆知識(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • ミステリー 今村昌弘作
  • 平松洋子編著

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly